【吉田撃】真冬の低水温期の野池攻略法!

スポンサーリンク

サムネイル出典:釣りビジョン

どうも、うめだ(@umesooooo)です。

ロッドアンドリール3月号の「最強寒波VS吉田撃」という記事で吉田撃さんが冬の低水温期、特に寒波が効いた野池で取材されていたのでまとめてみました!

冬の野池での立ち回り方について是非テクニックを習得してみましょう!

低水温期のポイントの選び方

・水深のある野池

真冬でも水深のある野池ではバスはメリハリのある行動を取りやすい。

フィーディングの場合はディープからシャローに移動し捕食する。
なので体力のあるバスを狙って釣る場合にはチャンスあり。

ただ、そういうバスは個体数も少ない。


・減水した野池

減水すると水温も下がりやすくなるが、バスがピンポイントに集中するため、バスの目の前にルアーを通せる確率が上がる。

風が強い日などは水温も一気に下がるのでリアクション系のルアーを使っても反応を得られないこともある。

ピンポイントをライトリグで長時間かけて狙うのに向いている。

・シャローカバー

真冬でもバスが付く可能性あり。
シャローカバーにいるバスは大きいしまるまる太っている。

水温の変化に関係なく釣れるのでリアクションで狙うより効率的なことも。

インレット

夏の王道ポイントであるインレット。

野池の水温よりインレットの水温が高い状況もある。
その状況が続けばインレット周辺のカバーなどに着いていることもある。

冬のプレッシャー

真冬の王道と言えばメタルバイブ。

王道なのでメタルバイブがスレている状況も増えてきている。

ハイプレッシャーな場所ではサイレントバイブのように過度なプレッシャーを掛けすぎないことも大事。

・レベルバイブ(サイレント)/レイドジャパン

フィーディングのバスを狙う

フィーディング狙いの魚は基本的に冬でもやる気があることが多い。

シャローではその場の地形変化にもよるが、バイブレーションをただ巻きしたりジャークベイトシャッドで狙う。

冬のデカバス狙い

冬でもデカバスは動く。
水温の上下は関係あるが、低いなら低いままで安定している方が動きやすい。
その水温に慣れだしたら体力のあるバスはベイトを追い始める。

冬のバスの大部分はディープに移動するのでディープは固いポイント。
ディープで釣れてもサイズが伸びない場合はシャローに目を向ける。

冬のデカバス狙いに効くルアーはジョイクロ178

・ジョインテッドクロー178/ガンクラフト

冬のルアーローテーション

・ボムスライド/ガンクラフト

食わせに特化させる場合、プレッシャーと活性が低い時はノーシンカーで。
ノーシンカーよりもアピール力が欲しい場合はウエイテッドフック。
更に食わせに特化させ1発を狙うならチェリーリグ。

リアクションに特化させる場合、フットボールジグを使う。

普通のフットボールはハードボトムなどを素早くリフト&フォールする。

アピールを少し弱めにしたい場合はジョイントフットボールを使う。

・レベルバイブブースト改/レイドジャパン

食わせに特化したメタルバイブ。
基本はリフト&フォールだが、横の動きでも使う。

後方のフックをコロラドブレードに変更。

・レスト128/ガンクラフト

ジャークベイトでは強すぎる場合はシャッドを使うこともあるが、デカバスを狙うならジャークベイトでやり切るのも一つの手。

バスが動いていそうだが口を使ってくれない時は中層で止める時間を長くしつつ使う。

取材では冬の寒波に真っ向から勝負を挑んでおられました。
デカバス狙いなルアーセレクトも注目ですね!

冬のバス釣り攻略記事はこちらから!
カテゴリー:季節

それでは!



スポンサーリンク