夏のトップウォーターの使い方!ペンシルやポッパーなどの使い分け方とは?

スポンサーリンク

サムネイル出典:naigai shop

どうも、うめだ(@umesooooo)です。

ロッドアンドリール2017年8月号に掲載されていた奥田学さんの「パワーサーフェス入門」という記事で水面系ビッグベイトペンシル、ポッパーなどのトップウォータープラグを使うパワーサーフェスについてまとめてみました!

トップウォーターのメリット・デメリット

トップはリアクション性が強い釣りである。
音と波紋でバスに瞬間的にスイッチが入りバイトにいたる。

水面という壁を使うのでバスがバイトしやすい。

バスが水面を意識していないときや、ボトムでエサを食べているようなバスには効果が得られない。

夏トップの投げるべきポイント

夏はバスの居場所が絞られる。

流れ込み

真夏の超一級ポイント。
日中の野池ならまずは流れ込み。リザ―バーならバックウォーター。

シェード

オーバーハングやレイダウンなどが形成する日陰。
余り広くなく、ピンポイントで狙える場所が良い。

ウィード系

水中にカバーと日陰を形成する良ポイント。
流れでたなびいてるとなお良い。

おかっぱりの強み

川、リザ―バー、野池と状況に合わせて釣り場をチェンジできる。
ロケーションそのものを変えることが出来るのが便利。

奥田学流 各トップの使い方と出しどころ

ペンシルベイト

・ラウドノッカー/バンタム

基本はマッチ・ザ・ベイト
状況をよく見ることが大事。捕食活動が行われていない場所では使わない。

琵琶湖では巨大ペンシルも使う。

アクションの基本はスライド&ダイブ。

食べられるベイトを意識した自然な逃げ惑うアクション。

ポッパー

・チャグウォーカー/バンタム

ペンシルは広い場所で使うが、ポッパーは狭い場所で使うことが多い。

岸ギリギリのウィードとか流れ込みの周りでバスにスイッチをいれる。アクションはバスの水面での捕食音を演出。

ボイル音でベイトを散らし、周りのバスにスイッチをいれるイメージ。

スイッシャー

・プロップベイト B/スミス

ペンシルやポッパーに比べ、スイッシャーは弱い。

前後のプロペラが見切られないような波動を生み出す。

プレッシャーが高く、派手な動きを嫌うバスにアピールできる。

ビッグベイト

・ビーティーフォース/バンタム

表層系ビッグベイトは音やスプラッシュと物体そのもの大きさでアピールする。

引き付ける能力は一番高く、噛み合えば一撃で食わせる力がある。

ビーティーフォースが最も有効なのがシャローエリア。

粘らずに歩きながらスピード重視で撃っていく。

スプラッシュ、音、フラッシングの3つがアピールポイント。

ノイジー

・フッキングノイジー/ダイワ

カップ系はある程度スピードがないとサウンドもアクションも出せないので広い場所で使う。

羽根モノは一番スローに扱える。

カップ系はバズベイト、羽根モノは虫系

I字系

・ジジル70/バンタム

ハイプレッシャーかつ、魚があまり出入りしない場所ではパワー系のプラグは通用しない。

そういうポイントではI字系が有効。

ルアーを直撃させずに、バスに気付かせて呼び込むのがコツ。

アクションは水面直下をゆっくり直線的に引くだけ。

パワーフィネスファイト術

岸ギリギリの場所で食わせた場合は強引に抜いてから降りていく。

ラインが擦られる前に一瞬で抜きあげる。

土手を降りる際もラインも張ったままでリーリングは止めない。

出典

・ロッドアンドリール2017年8月号

釣り雑誌で情報収集する場合は、kindle unlimited(キンドルアンリミテッド)がおススメです!

なんと、2016年~現在までのバス釣り雑誌が読み放題になってます!

30日間の無料体験もありますよ!

詳しくはこちらから!

関連記事:14種類の釣り雑誌が読み放題のサービス、知ってます?

その他のテクニックについてはこちらをご覧ください!

カテゴリー:季節

それでは!



スポンサーリンク