【転売ヤー】続編!まだルアー・釣り具転売で消耗してるの?

スポンサーリンク

どうも、うめだ(@umesooooo)です。

前回の記事ではインチキ転売ヤーは晒し者にすればいいというのと転売というビジネスに魅力がないということについて書きましたが、今回は具体的にフィッシングショーの限定商品を転売させないためにはどうするか、という事について考えてみたいと思います。

前回の記事をまだ読んでない方はこちらから。
関連記事:【転売ヤー】まだルアー・釣り具の転売で消耗してるの?

転売はなくならない

試しに「ルアー 転売」でGoogle検索をかけてみるとこんな感じに。

出典:Google

こういう記事が横行している以上釣り具の転売はなくなることはないでしょう。
2ページ目、3ページ目にも同じような記事がずら~っと並んでます。

ちなみに転売ヤーの仕組みですが、人気が出そうな物やレアな物を一気に買い占めてメルカリやヤフオクに高値で出品して利益を得ています。

釣り具に限らずこういった手法は無くなることはないでしょうね。

需要と供給のバランス感覚

これはメーカー側が仕掛ける手法ですが、利益のために出荷するルアーの数をわざと減らしてプレミア感を出させたりする方法もあります。

あれ?売り切れてるんだったら凄い良いルアーなんじゃね?って思わせることで話題性が伴いますよね。

そこに付け込んで転売ヤーが動くわけです。

メーカーのマーケティング戦略によって転売ヤーが生まれるのも事実でしょうね。

転売ビジネスに乗っからないように

転売ビジネスに乗っからないようにするには当たり前ですが消費者である僕らは転売されている商品を買ってはいけません!

後はメーカー側のマーケティング戦略にも乗っからないようにはできるはずです。
これ過剰なやり方じゃね・・・?って思ったら手を出さないようにすればいいと思います。

メーカー側にプロモーションのやり方を変えろや!と言っても無駄でしょうね。

大手の企業は元々そんなやり方はしないですが、どうしても大手に劣る企業はそういったプロモーションは必須になるでしょうし。

ライブチケット転売問題みたいに大きく取り沙汰されればまた変わるんでしょうけどね。

完全にネット予約注文とかにすれば少しは収まりそうですけどね。
注文にはきちんとした個人情報が必須、みたいな。

じゃんけん大会はやめたほうがいい

前回の記事でも書きましたが、今回問題になったのはじゃんけん大会でインチキをしていた転売ヤーがいたことなんです。

負けたのに勝ったふりをしたり後出しで勝ったりしたんでしょう。

どうしてもあのような大きい会場だと不正をする人が出るのも無理はないですね。

なのでじゃんけん大会はやめた方がいいでしょう。

じゃあどうするかって?

・・・・( ^ω^ )

色々考えたんですけど、ビンゴでいいんじゃないでしょうか。

数字じゃ面白くないので数字の代わりにルアーが書かれたビンゴシートで。

それでランダムに振り分けられたビンゴシートを作ってビンゴになった人に景品をプレゼントすればいいじゃないですか。

菊元さんの場合でいうとエバーグリーンなので、はい!出ました!キッカーバグ!みたいな(笑)

ついでに出たルアーの使い方なんかも説明すればマーケティングにも繋がるんじゃないですかね?

きちんとビンゴになってるかはシートを貰ってその場で確認できますし、もし不正してたらその時点で自動的にみんなの前で晒し者になりますし一石二鳥でしょう!

我ながらこのアイディアは中々斬新だと思うんですけどね!
ルアービンゴ。

もういっそのこと出たルアーも1パックずつぐらいプレゼントしてもいいかもですね(笑)
ランダムなので何が出るか分からないのも面白いですし!

是非どこかのメーカーさん!
このルアービンゴ、採用してみてください(笑)

あ、転売ルアー買っちゃだめですよ!(これが一番重要)

その他のネタはこちらからどうぞ!
カテゴリー:釣りネタ

それでは!



スポンサーリンク