夏の池原ダムで確実に釣果を上げるポイントや釣り方とは?

スポンサーリンク

サムネイル出典:ジャッカル

どうも、うめだ(@umesooooo)です。

ロッドアンドリール2017年9月号に掲載されていた「1DAYでも確実に釣る絞り込み術 in 池原ダム」という記事で、ジャッカル代表取締役社長の小野俊郎さんが状況変化にアジャストしていくノウハウを解説されていたのでまとめてみました!

今回は夏のリザーバー編になります!

日の出の時間

・ダウズスイマー/ジャッカル

この時間はデカバスを誘い出すルアーが良い。
勝負が早いビッグベイトがおススメ。

必ずしもビッグバス=ビッグベイトではないが、デカバスがいるかいないかを探るには有効な手段となる。

大場所から探る

初めての場所でも有名ポイントの情報は得ることができるので調べておく。
Google Earthで地形の判断をする。

それで目星を付けた好ポイントを探ってどこでどんな反応があったかを整理する。
まずはバスの居場所を探ることが大事。

好ポイントの中でも目に見える変化がある場所を優先的に打っていく。

見えバスにはヒントが盛りだくさん

リザーバーは水がクリアなところが多い。
食い気のあるバス、逃げて消えていくバス、ボーっとしているバスetc・・
バスの活性は大事なヒント。

ポイントの状況を探るルアー

・リズムヘッド+リズムウェーブ

探ることが最優先なので必要以上に時間をかけないこと。

岩盤は岸ギリギリ、立ち木は周囲を狙う

リザーバーでの主なポイントとして、岩盤エリア立ち木エリアがある。
いずれもギリギリを攻めがちだが、ルアーを落とす位置が根本的に異なる。

岩盤エリア

地形変化や水中の岩にバスが着くのでルアーを入れるのは岸ギリギリに。
バスも岸側を意識していることが多い。

立ち木エリア

水中で枝が伸びているのでその先にバスが着きやすい。
岸際よりも木の周りにルアーを入れる。

超イージーに食わせるルアー

・ウォブリング3インチ/ジャッカル

小規模なワンドで変化が複数ある場所の中層にはたくさんバスが居ついている。
サイズは選べないが、数釣りはしやすい。

複合した変化を見つける

カバー、流れ、地形変化、ベイトなどバスが好む変化が複数あるポイントを見つける。
そのためにもポイントのチェックはスピーディーに。
狙いを絞り込むためにも早く周る。

サイズアップを狙うルアー

・フリックカーリー4.8インチ/ジャッカル

単純にワームのサイズを上げてみることでサイズアップが狙える。
もちろんバスの居場所を把握した上で。

バックウォーターは状況変化が激しい

バックウォーターは朝がダメでも夕方に爆発することも。
どの時間帯にベイトが溜まるのかをバスが把握している場合が多い。
時間を空けて入りなおすと釣果が変わることも。

ベイトにマッチしたルアー

・ポンパドール/ジャッカル

ベイトフィッシュがたくさんいて、ボイルも起きている状況下ではトップウォーターで勝負。

出典

・ロッドアンドリール2017年9月号

釣り雑誌で情報収集する場合は、kindle unlimited(キンドルアンリミテッド)がおススメです!

なんと、2016年~現在までのバス釣り雑誌が読み放題になってます!

30日間の無料体験もありますよ!

詳しくはこちらから!

関連記事:14種類の釣り雑誌が読み放題のサービス、知ってます?

その他のテクニックについてはこちらからどうぞ!
カテゴリー:季節

それでは!



スポンサーリンク