【秦拓馬】スピナーベイトが釣れる理由!使い方やおすすめタックルは?

スポンサーリンク

サムネイル出典:ジャッカル

どうも、うめだ(@umesooooo)です。

ルアーマガジン2017年11月号の「ルアーのトリセツ」という記事で秦拓馬さんがスピナーベイトについて解説されていたのでまとめてました!

秦さんと言えば、ドーン

やはりスピナベのスペシャリストなイメージがありますよね!

是非チェックしてみてください!

スピナベとの出会い


出典:ジャッカル

若い頃にとにかくたくさんの野池を効率よく回るためにスピナベを10投だけして移動を繰り返すという「10投ルール」を採用していた。

これだけでフィールドのコンディションやバスの反応、バスの付いている場所をチェックすることができた。

これをひたすら繰り返すことでスピナベに対する信頼が絶対的なものになった。

スピナベはバスにとってどう見えているか

諸説あるが、スピナベはベイトフィッシュの群れに見えているのでは。

2枚のブレードと1つのヘッドで合計3匹の魚の群れ。

ただし、バイトさせたいのはフックの付いたヘッド部分。

ここにバイトを集中させるための秘訣はアラバマリグにあった。

・メリーG 150/ジークラック

アラバマリグも同じく小魚の群れを彷彿させるルアー。

フックアップさせたいのはセンターのフック。

そのためアラバマリグは中心に一番アピール力の強いワームをセットすることが多い。

そうすると中央のフックにバイトが出やすくなる。

つまりバスは群れの中でも一番目立つ個体にバイトしてくる。

スピナベは釣れる要素の集合体


出典:ジャッカル

ブレード、スイベル、クレビス、ビーズ、ワイヤー、スカート、ヘッド。

どれをとっても釣れる要素がふんだんに盛り込まれているルアーがスピナベ。

アピール力が高くて、スナッグレス性も抜群

そしてレンジキープ能力も高い。

スピナーベイトは万能ルアーである。

どんなシチュエーションでも使えてその日の状況をいち早く判断できる。

そこから別の釣りに効率よく移行することも。

スピナベに適したタックルは?

ミディアムロッドを中心にカバーも狙うならミディアムヘビーがおすすめ。

ロッドの長さは7フィート前後あれば○。

長いほうが遠投できるし、トレースコースもコントロールしやすい。

おかっぱりでは少ないタックルで色々投げたいこともあるので長めの巻物タックルが○。

巻物用オールラウンダータックル

・ポイズンアルティマ 174MH-G/シマノ

・アンタレスDH-G

・レッドスプール14ポンド

シーズンによる使い分け

11月~1月の初めぐらいまではバスは広範囲にベイトを追っている。

1月半ば~2月の1か月間はスピナベにはあまり向かない季節。

そこからさらに季節が進み、2月過ぎ~4月ぐらいは水温が安定している場所をスローに引くのが有効。

4月~5月のスポーニングシーズンではプリ、あるいはアフターを狙うのが効率的。

5月終わり~7月アフターやアフターから回復したバスが広範囲を泳ぎ回るのでスピナベのポテンシャルが活きやすい時期。

7月~8月は高水温になり、バスの居場所がシェードや流れに絞れるのでスピナベで釣る必要はない。

そして8月終わり~10月はバスが広範囲に散るのでスピナベの本領発揮である。

スピナベの巻き方&アワセ方

スピナベはありとあらゆる場所に投げる。

レンジを意識するのが大事。

水面直下をガーグリングで巻く。

ボトムをスローローリングで巻く。

中層を巻く。

風が吹いたらスピナベという話がよくあるが、余り関係ないのでは。

急な環境変化には強いが、ドピーカンでも釣れる。

スピナベのアタリはドーンと来るので、当たったら即巻き合わせが○。

長いロッドとハイギアリールであればフッキングが決まりやすい。

・ドーン/ジャッカル

出典

・ルアーマガジン2017年11月号

釣り雑誌で情報収集する場合は、kindle unlimited(キンドルアンリミテッド)がおススメです!

なんと、2016年~現在までのバス釣り雑誌が読み放題になってます!

30日間の無料体験もありますよ!

詳しくはこちらから!

関連記事:14種類の釣り雑誌が読み放題のサービス、知ってます?

その他のテクニックについてはこちらからどうぞ!
カテゴリー:巻き物



スポンサーリンク