【遠賀川】夏の川バスを攻略するポイントとは?

スポンサーリンク

サムネイル出典:アメブロ

どうも、うめだ(@umesooooo)です。

ロッドアンドリール2017年9月号に掲載されていた「河川の夏の流れ超解読法 in遠賀川」という記事でレイドジャパン代表の金森隆志さんがテクニックを公開されていたのでまとめてみました!

夏の川バスを攻略する方法を吸収しちゃいましょう!

真夏の朝イチ攻略

朝イチは魚が広域に散る。

泳げるベイトフィッシュを意識できる場所で効率よく探れるトップウォーター、アンダーレンジでスピナベミノー、ノーシンカ―などを使う。

・ブルタンク/レイドジャパン

・レベルスピン/レイドジャパン

シェードや流れに左右されずに広範囲に泳ぎ回る時間帯。

点より線で誘う。

エサの居場所を撃つ

リップラップ攻略の定番、甲殻類系のエサを意識した攻め方。

バスの居場所に直接アプローチする。

この際にレンジもかなり意識する必要がある。

流れが強く当たる表層付近ではなく、一段下のレンジを狙う。

・BFカバージグ/ジャクソン

流れの当たるリップラップではエビっぽいスモラバで攻略。

スローフォールかつ隙間にスタックしない動きが良い。

流れをキーにポイントを選ぶ

流れを見極めることが大事。

メインの強い流れと脇からのもう一つの流れが絡んでいるスポットでバスがベイトを狙う待機場所になる流れのヨレを見つけたい。

そのためにはアワの位置がカギとなる。

メインとサブの流れが推しあって出来るアワに注目すればヨレを見抜くことが出来る。

流れの強さに対応したルアーを使うことも大事。

ダッジはオートマチックに探り続けられる。

・ダッジ/レイドジャパン

真夏のド日中攻略

日中はカレントシェードの2つに絞り、スローな釣りを展開。

カレントならより流れが強い場所が良い。

シェードならより濃い場所が良い。

ノーシンカーやネコリグ、スローに巻くダッジを使う。

後は対岸からのカバー撃ち

真夏の夕方攻略

午前中と同じような釣りになる。線の釣りも残しつつ点の釣りも。

瀬で釣るならミノースピナべ

カバー付近ならノーシンカ―

巻いていくならダッジ

流れが当たるオーバーハング攻略

流れが当たるオーバーハングは狙うべきポイント。

流れがどこにどう流れているのか、流れの先も見逃せない。

流れの先にあるポイントにバスが付いていることもあるので流れを見極める。

強い流れの場合は直接カバーを撃たずに流れに乗せてルアーを入れていく。

・バギークロー/レイドジャパン

出典

・ロッドアンドリール2017年9月号

釣り雑誌で情報収集する場合は、kindle unlimited(キンドルアンリミテッド)がおススメです!

なんと、2016年~現在までのバス釣り雑誌が読み放題になってます!

30日間の無料体験もありますよ!

詳しくはこちらから!

関連記事:14種類の釣り雑誌が読み放題のサービス、知ってます?

その他のテクニックについてはこちらからどうぞ!
カテゴリー:季節

それでは!



スポンサーリンク