【レイドジャパン】1月/真冬を攻略!野池と川・水路の狙うべきポイントは?

スポンサーリンク

サムネイル出典:釣りビジョン

どうも、うめだ(@umesooooo)です。

ロッド&リール2月号の「バス釣り包囲網」という記事でレイドジャパンの金森隆志プロと岡友成プロが真冬のバス釣り攻略について解説されていたのでまとめてみました!

今回は野池と川・水路に絞った攻略になります!
厳しい真冬を攻略するヒントになれば幸いです!

野池×金森隆志

1月は1年の中でも最も寒さが深い時期。

12月であればギリギリシャローでも釣れたり、2月も後半になれば春っぽいバスが釣れたりするが、1月はそうはいかない。

となると超絶シンプルな釣りを貫徹できるかどうかがカギになる。

ポイント的には一番のディープか、捕食の気がある稚ギルが溜まっているスポット
この2つに絞って徹底的にやり切る。
集中力を切らさずに半日、もしくは1日かけてキャストを繰り返せるかどうか。

釣果を上げるコツは、時合を見切ること。
フィネスを丁寧にやったから釣れたとか、細かくメタルバイブをシャクったから釣果がアップした、ということはない。

そのポイントの特徴にあったルアーを数多くキャストして時合いを当てる確率を上げるのがもっともなやり方。

おすすめルアー

・レベルバイブ/レイドジャパン

・レベルバイブ ブースト/レイドジャパン

川・水路×岡友成

今年は例年より早く冷え込んでいるので確実にバスを手にしたい場合はクリークに絞った方が良い。

まずチェックしたいのがクリーク最下流にある水門など。
冬に一番魚影が濃くなるポイントなので、このエリアに絞って釣るのもあり。

次は橋の下。
一日中影になるエリアだが、水質がクリアになる冬に鳥などの天敵から身を守れるエリアなのでベイトフィッシュも溜まっていることが多い。

コンクリートが暖められ、放射冷却も避けられるので意外と魚はいる。

クリークは凍ることもあるが、橋の下は滅多に凍らない。

いずれもベイトフィッシュや地形変化が良いことが大前提。

おすすめルアー

・レベルシャッド/レイドジャパン

・バトルホッグ2.6インチ/レイドジャパン

いかがでしたでしょうか。

とりあえず真冬は忍耐力との勝負ですね!
もちろん技術もあるでしょうけど、同じポイントでひたすら粘る執念の方が大事な気がします。

その他の冬のバス釣り攻略はこちらからどうぞ!
カテゴリー:季節

それでは!



スポンサーリンク