【O.S.P】12月/初冬の野池完全攻略!バスが溜まるポイントの探し方とは?

スポンサーリンク

サムネイル出典:O.S.P

どうも、うめだ(@umesooooo)です。

ロッドアンドリールの1月号の「三賢者の選択」という記事でO.S.Pのプロスタッフの方々が初冬の野池攻略について解説されていたのでまとめてみました!

まだまだシャローも可能性大!

バスがいるエリアを絞って重点的に攻められる釣りになります!

是非参考にしてみてください!

初冬の野池でのアプローチ

これからの時期の野池は、水温低下に伴い、水深がある場所がメインエリアとなる。

年内いっぱいであればまだまだシャローカバーでもチャンスあり。
広範囲にバスが釣れる可能性がある。

ただ、秋のようにバスが散っているわけではなく、条件が良いところに固まっているイメージ。

なので、1匹釣れたらそのポイントを何回も攻めたり時間を開けて入りなおすアプローチが必要となる。

冬のおすすめ野池

水深がある野池は絶対。
水深がある=水温変化が少ないディープにバスが固まる。

ルアーが対岸まで届く小規模な野池もおススメ。
単純にルアーと接触する確率が高くなる。

厳しい時期ほど狙いどころがはっきりしている野池を選ぶ。

時間帯

寒い時期であっても朝マズメ、夕マズメは外せない。

12時前後も晴れている日は水温上昇とシェードがあるので釣りやすい。
太陽が出ていてもバスはカバーを好む傾向にある。

おすすめルアー

・ハイピッチャー5/16オンス/O.S.P

狙うのはシャローカバー。
目に見えるあらゆるカバーを撃っていく。
5/16オンスの理由はできるだけゆっくり巻くため。
ブレードが周るギリギリのスピードで巻くのがコツ。

食い上げさせるバイトにも対応できるようにボトムの少し上を意識して巻く。
ボトムスレスレを引くとブレードバイトが多くなるので×。

・ハイカットSP/O.S.P

寒くて釣れない時の切り札ルアー。

ズル引きで使う。
底を取りながらコツコツと叩きながら巻く。
ワームの底をずる引く感覚と似ている。

キモはロッドストロークで横方向に引くこと。
ラインスラックを巻く間がルアーがステイしている時間になる。

冷え込んだ日や食いの浅い日に必殺技で使う。

・オーバーライド1/8オンス/O.S.P

野池はベイトフィッシュも小さいので最も軽い1/8オンスを使う。
野池の最も深い場所をサーチしたり、ボトムの硬さを探りながら使う。

アクションはリフト&フォールが基本でボトムに着いたらゆっくりと2~3秒かけてリフトさせる。

スローリフトのアクションも良いのがオーバーライドの強み。

いかがでしたでしょうか。

やはりはっきりとした狙いどころがある野池がキモになるみたいですね!

ポイントが割れれば規模の小さい野池では連発で釣れることもあるのでバスが溜まるポイントのヒントとして取り入れてみてください!

それでは!



スポンサーリンク