夏のリザ―バー攻略のポイント!マッチ・ザ・ベイトが特に重要!

スポンサーリンク

サムネイル出典:O.S.P

どうも、うめだ(@umesooooo)です。

ロッドアンドリールの2017年8月号に掲載されていた「三賢者の選択」という記事で

O.S.Pのプロスタッフの方々がリザ―バーの攻略について解説されていたのでコツをまとめてみました。

主にポイント攻略やO.S.Pルアーの使い方について詳しく書いていきます。

通常のパターンに加え、今回はリザ―バーらしい攻略の仕方をメインでご紹介します!

マッチ・ザ・ベイトが特に重要

マッチ・ザ・ベイトとは、魚が補食しているエサ(小魚や虫、エビなど)と同じ様な形、大きさ、色のルアーを使うことを意味します。

リザ―バーだとベイトはワカサギオイカワを意識する。ベイトの大きさはこの時期はまちまち。

朝は沖の表層にいる事が多く、それをバスが狙ってボイルしている。
時間帯を考えながらルアーをベイトに合わせる工夫が大事。

水面を漂うアクションや逃げ惑うアクション(エスケープアクション)が効く。

ボディーウォーター攻略

リザ―バー全体に流れている潮流。
流れが無いように見えてもじんわりとカレントが効いている場合も。
時間帯によって流れが変化するので流れを読む必要あり。

・オーバーリアル 63 ウェイク/O.S.P

このルアーの特徴はジョイントボディのテールに特殊なフェザーが付いている点。
ジョイントとフェザーの効果でデッドスティッキングでもわずかなアピールができる。

アクションはスローなただ巻きか放置。
ボイルが起きていたらボイルの先に投げてボイルの場所まで引いてきてそこで放置する。

フローティングカバー攻略

浮きゴミが風によって寄せられて作られているカバー。
シェードを形成するので日が昇っても格好のポイントになる。

・O.S.Pバズ 02ビート/O.S.P

このようなカバーをスピーディーに探っていくのであればバズベイトが最適。
フローティングカバーの横、表層にある何らかの変化を狙って投げる。
まずめ時や、雨の時は1日投げ倒してみるのもアリ。

サンドバー攻略

砂地の地形で、浅くなっている場所。
バスがベイトを追い込んで捕食するエリア。
ボイルの狙ってマッチ・ザ・ベイトのルアーを投げる。

・ベントミノー/O.S.P

ベイトのボイルにはベントミノーの連続トゥイッチが効く。

特にオイカワを捕食しているバスを狙って釣るならベントミノー。
ボイルしている時は基本的にアクションし続ける方がいい。

ボイルがたくさん起こるような状況ではいつでもキャストできる状態にしておき、ボイルが起きたらルアーを投げいれるようにする。

立ち木攻略

季節を問わずバスがつくカバー。

・HPミノー/O.S.P

アクションはスローなI字引き。
チェイスで食わない場合はトゥイッチジャークを加えて口を使わせる。

なるべく立ち木から距離を取って狙うようにする。
なので遠投できるようなセッティングにしたい。

オーバーハング攻略

夏の時期は落下昆虫が期待できる一級カバー。
木と水面の隙間が狭いほどプレッシャーは低い。

・ラウダー/O.S.P

虫パターンを意識する。
ラウダーは移動距離を抑えて狙える。
アクションは捕食音を意識。
ワンアクション&ステイ。

オイルフェンス攻略

リザ―バーによっては多くみられるマンメイドストラクチャー。
バスがサスペンドしていることがあるので表層系ルアーやフォールでルアーを入れて狙う。

・ドライブスティック/O.S.P

表層にあるカバーを狙ってフォールで狙っていくならこのルアー。
バックスライドでフォールさせて誘っていく。
フォールさせて食わなければ回収、という簡単な釣り方である。

出典

・ロッドアンドリール2017年8月号

釣り雑誌で情報収集する場合は、kindle unlimited(キンドルアンリミテッド)がおススメです!

なんと、2016年~現在までのバス釣り雑誌が読み放題になってます!

30日間の無料体験もありますよ!

詳しくはこちらから!

関連記事:14種類の釣り雑誌が読み放題のサービス、知ってます?

その他のテクニックについてはこちらからどうぞ!

カテゴリー:季節

それでは!



スポンサーリンク