【オニちゃん】冬の野池おかっぱり攻略タックル!巻き物やフックの使い分けで釣果が変わる!?

スポンサーリンク

サムネイル出典:オニちゃんTwitter

どうも、うめだ(@umesooooo)です。

ロッドアンドリール2月号の「フックを変えればルアーも変わる!!」という記事でオニちゃんこと山本訓弘さんが冬のバス釣りで重要なテクニックを解説されていたのでまとめてみました!

野池とはいえ、冬でもイージーな状況ではないです。

是非今回のノウハウを生かしてみてください!

冬の野池おかっぱり

基本的にはディープに隣接したシャローがある野池を選びたい。
どれだけ寒くても捕食はするので少ないチャンスで確実にフッキングさせることが大事。

フックを替えてルアーの姿勢を変える

メタルバイブはフック交換の差が顕著。

アタリを逃さないように、フッキングが大事。
次にフックサイズを変えてリアフックを下げるように調整する。
メタルバイブはリアフックに掛かることが多い。

サーキットバイブ3/8オンス#6のダブルフックが標準装備。
前を#7、後ろ#6(両方ともピアスダブル)に交換する。

・サーキットバイブ/デプス

・ピアスダブル/リューギ

真冬のバスはベイトを上から押さえつけるように食ってくる。
なのでリアフックに掛かることが多い。

リアを下げるとメタルジャークの動きがよくなるので〇。

メタルジャークの基本

メタルジャークはメタルバイブをシャクるのではなく、ジャークさせる。

コンパクトな動きでラインを張り、ゆるめる。

メタルが横っ飛びすることで明滅効果でバスの闘争心を刺激する。

冬に効くテクニック。

冬の巻き物使い分けテクニック

メタルバイブ

落ち葉溜まりでメタルジャーク、リップラップ上をただ巻きで使う。
大遠投してリフト&フォールも〇。

・サーキットバイブ 3/8オンス /デプス

前後ともピアスダブル。
前が#7,後ろが#6。

リアフックが下になるように調整済。
ナチュラルな動きになり、冬のコンディションにより馴染む。

・エビメタルJr.24g/リューギ

前後ともピアスダブル#4(純正)。

・エビメタルジャミ24g/リューギ

前後ともピアストレブル#10(純正)。

バイブレーション

フラットなボトムをスローリトリーブ、中層をただ巻きで使う。

・レベルバイブサイレント/レイドジャパン

前後ともピアスダガー#8に変更。
軽くなるとアクションは大きくなるため、デッドスローでもしっかり泳ぐ。

・レベルバイブビッグ/レイドジャパン

前後ともピアスダガー#6。
理由はサイレントと同じ。

・レベルバイブブースト9g/レイドジャパン

前後ともピアスダブル#7に変更している。

クランクベイト

シャローのウィードをスローに巻く、シャローフラットのボトムを攻めるのに使う。

・シャローレーザーシャッド/スタンフォードルアーズ


出典:back lush

前後ともピアスダガーで、前が#6,後ろが#5。

・グースネックMR/KTW


出典:塚本謙太郎ブログ

前後ともピアスダガー#6。

・タイニーT/テネシータフィー


出典:NEST

前がピアストレブル#8,後ろがピアスダガー#6。
リアフックを食ってくることを想定してピアスダガーを採用している。

・シャッドラップSR-7/ラパラ

前後ともピアスダガー#6を装着。

いかがでしたでしょうか。
フックを変えることで確実にフッキングさせるコツは必修ですね!

冬は1バイトが貴重ですからね~。是非取り入れてみてください!

冬のバス釣り攻略記事はこちらから!
カテゴリー:季節
ルアーマガジンやロッドアンドリールの読み放題サービスはこちらから!
Kindle Unlimitedで読み放題!

それでは!



スポンサーリンク