おかっぱりとボートの距離感の違いについて。

スポンサーリンク

どうも、うめだ(@umesooooo)です。

お世話になっているさんずさん(@taiyofuruse)のツイートが凄く考えさせられたのでシェアします。

ボートとおかっぱりの距離感の問題について。

ちょうどこのツイートの数日前にFacebookグループでこんな画像をお見かけしました。


出典:Facebook

まあこれを見たら普通にこのボートの人たち正気か!?って思いますよね。

もちろん僕もそう思います。

ここまで近いとボートの意味あるの?って思っちゃいますし、なによりおかっぱりの人が凄く迷惑ですよね。

このように自分の事しか考えていない釣り人はアホンダラだと思います。

ただ、それに対して中々心無いコメントもありまして・・・
ルアーをぶつけてやれとか。

実際にSNS上でもそういうトラブルがシェアされているみたいです。

これが傷害事件などに繋がってしまったら完全にアウトですよね。
報道もされようものなら・・・。

ただでさえ世間的イメージに敏感なバス釣り業界に悪い意味で大打撃を与えてしまいます。

両者とも好きでバス釣りをやっているはず。

なのに自分たちの手でバス釣りの未来を悲しいものにさせてしまいます。

余裕を持ちたい

お互い余裕を持って気持ちよく釣りをすればトラブルには繋がらないはずです。

一声かけ合うというのは凄く大事かもしれません。

ボートの人がマナーを知らないだけかもしれないですし、それで解決するならオッケーですよね。

もちろん声のかけ方も大事です!

トラブルを0にする事は不可能ですが、ボートの人もおかっぱりの人も意識していきたいですね。

僕はこのようなトラブルに巻き込まれた事はないので、これからきちんと気を付けていきたいと思います。

長くバス釣りを楽しみたいですからね。

ボート同士の事故もたまにあるらしいので、本当に気を付けてください。

関連記事:琵琶湖でボートの衝突事故・・・普通に危険すぎる。

それでは!



スポンサーリンク