ショットストーミーマグナム進化論!ノリーズのマグナムクランクはこうして生まれた!

スポンサーリンク

サムネイル出典:釣りPlus

どうも、うめだ(@umesooooo)です。

ルアーマガジン2018年6月号の「クランクベイト進化論」という記事で、ノリーズ代表の田辺哲男さんがマグナムクランクについて徹底解説されていたのでまとめてみました!

最近は特にマグナムクランクが特に注目されていますよね。

田辺さんもマグナムクランクに夢中になっているそうです。

ノリーズのマグナムクランクの進化の軌跡を是非チェックしてみてください!

ショットオーバー7の誕生

・ショットオーバー7/ノリーズ


出典:ノリーズ

14ポンドラインで最高7mのレンジ攻略を可能にしたディープクランク。

ただ、当時はあくまでディープレンジに到達するためのボディだった。

7mに到達する前(2mライン)でバイトが多かったことから、シャローレンジの大きいクランクを作ったらどうなるか?という疑問の元、生まれたのがショットストーミーマグナムだった。

ショットストーミーマグナム

・ショットストーミーマグナム/ノリーズ

シャローレンジを攻略するマグナムクランク。

マグナムクランクは存在感はもちろん、それだけ大きい質量のルアーがウォブル&ロールを繰り返すことになるのでアピール力は絶大。

バスが気付かないわけがない。

なので、何度も同じ場所を通して食わせるというより、一投で気づかせて食わせるというビッグベイトに近いルアー

ビッグベイトとマグナムクランクの違い

・ヒラクランク ノンビルデジタル140F/ノリーズ

ビッグベイトとの違いは、マグナムは動きの波動が強いのでやる気のあるバスしか追えないこと。

必然的にコンディションの良いバスだけを狙って釣ることになる。

追わせることが出来たらほぼほぼ食ってくる。

しかもビッグフィッシュ率が高い。

ただ、ハードプラグなので使うタイミングを考えなければいけない。

マグナムクランクが効く時期


出典:Twitter

ベイトが大きくなる夏以降はマグナムクランクがハマりやすいと田辺さん。

になれば台風の影響もあって出番が多くなる。

は流れや濁りが発生しない限り、普通のコンディションで勝負するのは厳しい。

ただ、1月の三島湖で水温7.5℃の中50upを釣ったことも。

この水温でも食ってくることがあるのが凄い。

濁りによって活性が高くなることでマグナムクランクは有利になる。

ただ、小さなベイトしかいない場所では効果が薄いこともある。

出典

・ルアーマガジン2018年6月号

釣り雑誌で情報収集する場合は、kindle unlimited(キンドルアンリミテッド)がおススメです!

なんと、2016年~現在までのバス釣り雑誌が読み放題になってます!

30日間無料体験もありますよ!

詳しくはこちらから!

関連記事:14種類の釣り雑誌が読み放題のサービス、知ってます?



スポンサーリンク