【中村哲也】池原ダムでデカバスを狩るためのタックルとは?おすすめビッグベイトにも注目!

スポンサーリンク

サムネイル出典:アメブロ

どうも、うめだ(@umesooooo)です。

ルアーマガジン2018年6月号の「極限の空腹を満たすために」という記事で、池原ダムでデカバスを捕獲し続けている中村哲也さんがビッグベイトについて解説されていたのでまとめてみました!

池原ダムを攻略される方には必見ですよ!

冬~春のバスの生態セオリー


出典:アメブロ

冬を耐え抜き、春になるとバスは産卵行動に入ろうとする。

そのためには事前に栄養をたっぷりつけたい。

だが、バスは変温動物のため、冬の間はハイシーズンほど捕食も出来ず、早春の段階では積極的にベイトを追いかけまわさない。

そうなると、1回の捕食で栄養を大量に摂取できる大きいベイトを食べたがる。

中村さんがサイトでバスを観察していたら、ヘラブナの尻尾が口からはみ出しているバスを発見したそう。

なので、簡単には食べられない大きなベイトも食べるという事が判明した。

口にベイトが残ったままビッグベイトにバイトしてくるバスもいるので、捕食とリアクションが半々で成り立っている釣りかもしれない。

なので、春先のビッグベイトでのデカバス狙いは非常に有効。

ビッグベイト5選

・ガルダ/メガバス

中村さんがプロデュースしたジョイントルアー。

スローフローティングに調整されており、ワイヤーを取り付けることによってスナッグレス性能を高めている。

立木1本1本にコンタクトさせてリアクションで食わせる使い方をする。

急な浮き上がりにバスが付いてこられないこともあるので浮き速度を調整している。

・ハドルトラウト8インチ/ハドルストン

リザーバーで特に有効になるスイムベイトの王道。

シチュエーションによってフックの位置を変える。

最大8mまでのレンジをデッドスローで巻いて使う。

クリアウォーターのリザーバーでは最強。

・ウルトラカープ/シグナル


出典:Honey Spot

とてつもなく大きいジャイアントスイムベイト。

フローティング仕様だが、ネイルシンカーを入れてほぼほぼサスペンドに調整。

このルアーで釣る、というよりもバスを探すために投げる。

良そうな場所に投げてスローに巻いてチェイスしてくるバスを探したり、着水に気付いて寄ってくるバスを探したり。

・ジョインテッドクローマグナム/ガンクラフト

止めて見せて食わしたり、デッドスローで巻いたりして使う。

デカバスが居そうな立ち木や岩盤を狙うが、ガルダのようにスナッグレス性能はないのでギリギリをかすめるように投げる。

フローティングだが、太いフロロを結ぶことでサスペンドに。

クリアでもマッディでも強いのが特徴。

・スイムパイク/ビワー

ルアーを回収する時よりも更に速い超高速巻きで使う。

ジョイクロマグナムと同様に水の色を問わず使いやすい。

本来はシンキングだが、穴を開けてウエイトを抜き、発砲素材を入れてデッドスローフローティングに調整している。

出典

・ルアーマガジン2018年6月号

釣り雑誌で情報収集する場合は、kindle unlimited(キンドルアンリミテッド)がおススメです!

なんと、2016年~現在までのバス釣り雑誌が読み放題になってます!

30日間無料体験もありますよ!

詳しくはこちらから!

関連記事:14種類の釣り雑誌が読み放題のサービス、知ってます?

その他のテクニックについてはこちらから!
カテゴリー:テクニック



スポンサーリンク