【北大祐】効率よく巻き物ルアーで釣る10の方法!

スポンサーリンク

サムネイル出典:釣りPlus

どうも、うめだ(@umesooooo)です。

ロッドアンドリール2017年12月号の「プロの時短ワザ」という記事で、北大祐プロが効率の良い巻き物ルアーの使い方について利根川で解説されていたのでまとめてみました!

トーナメントでは常に結果が求められます。釣らなくては勝てません。

その中で結果を出し続けてきた本物のテクニックをどうぞ!

日々状況は変わる

北さんの基本的な考え方として、同じフィールドでも同じ状況は存在しないというもの。

昨日良かったから同じ場所で釣ろうということはまずない。その日の状況で決める。

なので、トーナメントでフライトが遅くても焦ることは無い。

だからこそ効率良く探れる釣りが重要となる。

反応が無くても手を止めない

ルアーを信じて巻き続ければ何かしらの答えは必ず返ってくる。

反応がないというのも1つの答え。

巻きの釣りに反応するバスを探して巻き続ける。

答えが出るときは早いのが特徴。

巻き物の特長を知る

出典:ジャッカル

巻き物の基本であるクランクべイトとスピナーベイトの使い分け方について。

広大なエリアを素早く探るにはクランクベイト。

シャローや岸際のピンポイントを通す時はスピナーベイト。

スピナーベイトはちょっとスローに、というのが北さんの考え。

水が一番重要

フィールドの状況を判断する要素で重要なのが水。

水質、水の動き、それに伴う酸素量をチェックする。

水が良ければバスも居心地がいい。

ベイトの絡みも考えるが、北さんは水質ですべてを決める

これが核心だったりもする。

レンジごとに強さの異なるルアーを用意する

レンジごとに強さの異なるクランクを用意する。

そうすればルアー選びで迷うことは少なくなる。

ミディアムライト1本で使えるクランク

シャロー(強い順)

・バレットヘッド/ミブロ&KTWルアーズ

・LC MTO 1.5/ラッキークラフト

・スクエアA/ボーマー

ミドル(上から順に強い順)

・ドランカー/テッケル

・ブリッツMR/O.S.P

・ワイルドハンチ/エバーグリーン

変化を探す

水を動かすような変化があれば○。

川は流れがあるが、秋は水の状態が日々変わる。

そうなるとバスも動き回る。

ということは粘る必要がない。巻くのがベスト。

短時間勝負なら午後がべスト

水温が最高になるのが昼過ぎ。

午前中は7時間くらいで水温が大きく動き、バスの動きにもムラが出やすい。

バスが安定して動けるという点では午後2時以降がベスト。

ルアーサイズを調整する

北氏が実践した食わせの方法のひとつがルアーのサイズダウン

ルアーの強弱の基準はウォブルやロールは関係なく、単純に手に伝わる振動が強いか弱いか

単純にサイズを小さくすることで弱めることが出来る。

バスに目線を合わせる

北さんの経験上、この時期は表層近くで釣れる方がサイズが良くて、目線以下で釣れるのはあまり大きくない。

どのタイミングでレンジを下げるのかは凄く大事。

居場所が割れれば究極スローに

場所が絞り込めれば、消波ブロック撃ちも有効。

ただし、いきなりやると時間はいくらあっても足りない。

あくまで最終手段。

・リトルレインズホッグ/レイン

出典

・ロッドアンドリール2017年12月号

釣り雑誌で情報収集する場合は、kindle unlimited(キンドルアンリミテッド)がおススメです!

なんと、2016年~現在までのバス釣り雑誌が読み放題になってます!

30日間の無料体験もありますよ!

詳しくはこちらから!

関連記事:14種類の釣り雑誌が読み放題のサービス、知ってます?

その他のテクニックについてはこちらから!
カテゴリー:テクニック



スポンサーリンク