2018年2月から小型船舶は桜マーク限定のライフジャケット着用が義務付けられます。

スポンサーリンク

サムネイル出典:オーシャンライフ

どうも、うめだ(@umesooooo)です。

皆さんは来年2018年の2月1日より小型船舶に乗船する人は皆ライフジャケットの着用が義務化されることをご存じでしょうか?
更に、着用するのは「桜マーク」の入ったモデルのみとなっています。

ネット上では曖昧な情報が行き交っているので正確な情報をまとめてみました。
是非参考にしてみてください。

来年2月にスタートするライフジャケット義務化

平成30年2月より、小型船舶に乗船する人は全員ライフジャケットの着用が義務付けられることになりました。
そして、ライフジャケットには国土交通省の形式承認品の証である「桜マーク」が入っていることが条件になります。

では、今まで着ていたライフジャケットはどうなるのか?などの疑問が湧くはずです。

義務化となった経緯と理由

目的は海中転落による死亡者を減らすことです。
転落した場合の生存率は着用していた人としていなかった人で2倍以上の差があります。

この事実を重く見て、ルール改正に至りました。

桜マークがついているライフジャケットに買い替え?

「桜マーク」は今回から定められたものではなく、以前からあります。
なので所持しているライフジャケットに桜マークが入っていれば問題なく使用できます。

船検をパスしている小型船舶には桜マーク付きのライフジャケットを備えることが必須なので買い替えなくても船に搭載されているものを着れば大丈夫です。

ただ、釣り人にとっては釣り用にデザインされた物の方が使いやすいはずです。
なので、桜マークがついていなければ買い替えなければいけません。

外国製のライフジャケットはOKか?

外国製のライフジャケットには桜マークがないので、原則的にはNGです。
ただし、その国の基準を満たしているもので、船検の際に検査を受け、船のタイプを考慮した上で合格になるケースも存在します。

ただし、膨張式に関してはまだ検査体制が整っていないため認証例は存在しません。(2018年1月時点)

内水面でも同じ扱いになるのか?

内水面でもルールは一緒です。
しかし、長さが3m未満のいわゆる免許不要艇に関しては厳密にはこのルールは適用されません


とはいえ、安全面から考慮してライフジャケットは着用した方が身の為です。

という感じです。

まずは自分が所持しているライフジャケットに桜マークがあるかどうかだけチェックでもしておきましょう。

そして必ず安全面の為にライフジャケットは着用しましょう!
生存率が2倍以上になりますからね!

その他の釣りネタはこちらから!
カテゴリー:釣りネタ

それでは!



スポンサーリンク