【伊藤巧】おすすめテキサスシンカー!バスプロの小物活用術とは?

スポンサーリンク

サムネイル出典:リューギ

どうも、うめだ(@umesooooo)です。

ロッドアンドリール2017年9月号に掲載されていた「必携 GOTTAMONO MIX」という記事で、人気急上昇の注目アングラー、伊藤巧さんがおすすめの小物、そしてそれを活用する術をお話されていたのでまとめてみました!

今回はテキサスシンカー編です!

釣りが上手い人はそういうところにも無駄が全くないので効率よく釣りをされます!

プロが普段から愛用しているものなので、どれも本当におすすめです!

テキサスシンカーの使い分け

バレットシンカー

バレットタイプと言っても種類が多く、形状や材質によって使い分けている。

・バレットシンカー/ティファ

比重が軽い鉛を使用しているので、シャローで使う。
テキサスリグをフォールで魚に見せる感じで。

・タングステンスリップシンカー/レイン

レインのタイプは、ペグを使ってシンカーを動かないようにし、すり抜け重視でカバーに入れる時に使う。

・タングステンバレットシンカー/スタジオワンハンドレッド

スタジオワンハンドレッドの形状は横の動きをテキサスリグで使うときに使用する。

ラウンドシンカー

丸い形のラウンドタイプのシンカー。

・ラウンドシンカー/スタジオワンハンドレッド

テトラでテキサスリグをする場合に使用。
テトラは細長いシンカーを使うとテトラとテトラの間にシンカーがハマってしまう。
隙間に挟まりにくく、挟まっても外しやすいラウンドタイプがおススメ。

ダウンショットシンカーの使い分けは?

基本的に細長いシンカーは感度が良いと言われている。
伊藤さんはすり抜けを考えて細長い形状のものを選んで使っている。

ドロップ型のシンカーはボトムに何もないような場所に対してわずかな変化を探したいときに使う。

シンカーをまとめる便利アイテム

・R・タンク/リューギ

出典

・ロッドアンドリール2017年9月号

釣り雑誌で情報収集する場合は、kindle unlimited(キンドルアンリミテッド)がおススメです!

なんと、2016年~現在までのバス釣り雑誌が読み放題になってます!

30日間の無料体験もありますよ!

詳しくはこちらから!

関連記事:14種類の釣り雑誌が読み放題のサービス、知ってます?

その他のテクニックについてはこちらからどうぞ!
カテゴリー:テクニック

それでは!



スポンサーリンク