【菊元俊文】ラインの太さの基準?タックルやルアーによって目安を決めよう!

スポンサーリンク

サムネイル出典:エバーグリーン

どうも、うめだ(@umesooooo)です。

ルアーマガジン12月号の「一刀両断」という記事で、菊元プロがラインの太さを選ぶ目安について解説されていたのでまとめてみました!

ラインはフィールド、ルアー、タックルなど様々な要素から太さを選びます。

是非チェックしてみてください!

基本

基本はフィールドのタイプによって決める。

カバーの有無、カバーの濃さなども基準の1つ。

オープンウォーターでは3ポンド4ポンドでもロクマルと戦える。
反対にヘビーカバーを撃つ釣りでは魚のサイズが大したことが無くても16ポンドでは不安。

菊元プロはラバージグ、テキサスでカバー撃ちをする場合は16~20ポンドフロロカーボンを使う。

同じジグでも、ディープなどを探るフットボールでは14ポンド

更に深場を狙うなら10ポンド以下に変更することも。
操作性が一気に高まる。

水の流れも影響する場合がある。
ライトリグでクリアウォーターを狙う場合は4ポンドよりも3ポンドの方が食わせの力がある。

プレッシャー

クリアウォーターやプレッシャーが高い場所ではルアーよりもラインの存在感が目立つ。
そういうフィールドでは細いラインが必要。

ルアー自体が小さい場合もラインの方が目立つので細いラインの方が有利。
そのかわりラインブレイクのリスクは高くなる

逆にビッグベイトなどルアーの存在感が圧倒的な場合はバスはラインを気にしないのでフルキャストしてもラインブレイクしないラインを使う。

ブリムスライドでは25ポンドナイロンを使う。

・ブリムスライド/エバーグリーン

巻き物のライン

例えば、特定の巻き物ルアーに自信がある場合に同じタックルで2種類の太さのラインを用意するのはプロの技。

ラインが太くなれば、ルアーは同じ動きでレンジが浅くなるのが特徴。

菊元プロが試合に出ていたころはディープクランクの基準を14ポンドにしていた。
ただ、更なるディープを攻める場合はラインを8ポンドにまで落としたりもした。

ラインを細くしたらブレイクのリスクが一気に増えるのでこまめにラインのチェックはしなければいけない。

まめにラインチェックをするのは誰でもできる事で、小手先のテクニックよりはるかに重要なので習慣にしたい。

おかっぱり>ボート

おかっぱりで釣るときはボートよりもワンランク以上ラインを太くする。
おかっぱりではカバーやストラクチャーに巻かれる可能性もあり、場合によっては強引なファイトを求められる。

ランディングネットを使わない場合は特に太いラインが必要。

・マジックハードR/エバーグリーン

いかがでしたでしょうか。
今回はラインに特化した記事になりましたが、基本的な事は押さえれましたね!

同じ巻き物で違うラインを2セット・・・。
まだまだ僕には遠い世界です(笑)

おかっぱりだとベイト1本になりがちなので僕は14ポンドで強引にラバージグから巻き物までやっちゃいますね~。

その他のテクニックについてはこちらから!
カテゴリー:テクニック

ルアーマガジンやロッドアンドリールの読み放題サービスはこちらから!
Kindle Unlimitedで読み放題!

それでは!



スポンサーリンク