【川島勉】メタルルアーやスピナー各種の使い方!

スポンサーリンク

サムネイル出典:ジャッカル

どうも、うめだ(@umesooooo)です。

ルアーマガジン1月号の「ルアーのトリセツ」という記事でジャッカルの川島勉さんがメタルルアーやスピナーの使い方について解説されていたのでまとめてみました!

メタルバイブ、スプーン、テールスピンジグ、メタルジグ、スピナー、ビッグスプーンについて取り上げられているので各々の使い方を是非チェックしてみてください!

メタルバイブ

・サスケブレードジュニア/ジャッカル

メタルバイブは冬のルアーのイメージだが、でも使える。
シャローフラットにベイトが溜まっている状況でリフト&フォールする。

基本的にスローに誘うルアーに反応がないときに使う。
おかっぱりでも使いやすいし、冬はそのような状況が多いからイメージが定着した。

冬は基本的にボトムでリフト&フォール

ブレイクに落とし込むとフラットに上がってこないバスにもアプローチができる。

スプーン

・コサジ/ジャッカル

スプーンはサイズは選べないがとにかくバスを手にしたい時に最適なルアー。
スレたバスにも数釣りにも使える。

使い方は表層をゆっくりと巻くだけ。

冬の使い方はメタルバイブと同じようにボトムをとってリフト&フォールで誘う。
メタルバイブとはフォール姿勢もリフトの波動も異なるのでそれに反応するバスもいる。

川島プロがプロデュースしたコサジはとにかく1匹釣りたい時のルアー。

テールスピンジグ

・デラクー/ジャッカル

テールスピンジグはコンパクトなボディだがブレードの回転によるフラッシングでアピール力がある。

デラクーはさらにコンパクトで食わせやすいルアー。
スプーンと同じくサイズは選べないが数釣りができる。

ただ巻きやリフト&フォールで使う。

中層でスピナベを巻いても反応がない場合にリフト&フォールや中層ただ巻きが効くときもある。

冬はボトムでリフト&フォール
サスケブレードデラクーを使い分けて釣果を伸ばせる。

メタルジグ

・ディンプ/ジャッカル

メタルジグはもっぱらリフト&フォールで使う。

ボトムやバスがいそうなレンジで探る。
リフトの幅を短くしてキビキビとしゃくる。

メタルはバスのいるレンジがあいまいな時には広く探ることもできる。

スピナー

・ドロッペン/アブ

出典:トラウトルアー図鑑

バスが上を意識している時ほどスピナーは強い。
軽いスピナーは表層をゆっくり巻ける。

小さいスピナーベイトのイメージ。

同じく数釣りができるがサイズは選べない。

ルアーフィッシング入門者のルアーで、投げて巻くだけで良い。

ビッグスプーン

・ダイラッカ/ノリーズ

普通のスプーンとは全く別物になるビッグスプーン。

メタルジグと同じようにバスがいるレンジでリフト&フォールで使うこともできるし、横に逃げるベイトを模して表層で速巻きもできる。

濁った場合はルアーの存在感でビッグスプーンを使うことも。

カーブフォールさせると揺れながら動くのでフォール中にバイトがあることも。

いかがでしたでしょうか。

メタルルアーは冬だけでなく、1年中使えるルアーですね!

スピナーは本当に初心者向けに最適なルアーですね!
僕がおススメするのはARスピナーです!

小バスがいる野池では最強ですよ!
関連記事:【ルアーインプレ】ARスピナー トラウトモデル/スミス

その他のテクニックについてはこちらから!
カテゴリー:テクニック

それでは!



スポンサーリンク