【金森隆志】おかっぱりでのマグナムルアーの使い方や使用タックルまとめ!

スポンサーリンク

サムネイル出典:b-dot

どうも、うめだ(@umesooooo)です。

ルアーマガジン2018年6月号の「THE MAGUNUM GAME」という記事で金森隆志さんが芦田川を中心とする広島県のメジャーフィールドで取材されていたのでテクニックをまとめてみました!

金森流ビッグベイト、マグナムルアーの使いこなし方は必見です!

マグナムルアーは春と秋

マグナムルアーを使う上で大事な事は、それを使う理由を知っているかどうか。

釣果の差が出るので要チェック。

タイミングはズバリ、「春」「秋」

は、マッチザベイトという視点ではベイトはまだ小さいので矛盾している。

だが、春先のバスがルアーを追えるスピードが無いので、シルエットが大きく、水押しが強いマグナムルアーをゆっくり巻くのが効果的になる。

は大きくなったベイトがフィールド全体に散り、バスも同様に散るので集魚力マッチザベイトの観点からマグナムルアーは非常に有効。

おすすめマグナムルアー4選

・タイニークラッシュ/DRT

ビッグベイトが持つボリューム、リップで移動距離を抑えつつ存在感をアピールする。

超低速~高速まであらゆるスピードに対応する。

ゆっくり巻きながらトゥイッチを加えると移動距離を抑えたフラッシングも可能。

速い動きについていけないデカバスもバイトに持ち込める。

・SKTマグナム110MR/ラッキークラフト

潜らせて、ウィード障害物に当てて浮かせて食わせる釣り方で使う。

これはリップラップテトラ帯でも有効。

濁った時が特に狙い目。

止めて浮かせて、を繰り返しながら刻むことで動きが鈍いバスにもアピールできる。

・デカダッジ(プロト)/レイドジャパン


出典:Line News

シルエットが大きく、羽が移動距離を抑えつつ、強く水を押す。

羽の付け根からカチカチと音が鳴るのもバスを誘う効果の1つ。

・ビビットクルーズ170/フィッシュアロー

クリアウォーターでは視覚の要素も大事。

ストラクチャーから離れたところをゆっくり巻いて、隠れているバスをおびき寄せるように使う。

レンジコントロールもしやすく、根掛かり回避率も高い。

取材で釣果を上げたルアー

・レベルスピン1/2オンス+フルスウィング/レイドジャパン


出典:JB

水中での存在感と水押しでバイトを誘う。

スローに巻けるのもメリットの1つ。

ザップのヒッチフックを加工したものをトレーラーフックに。

フルスウィングは単体での使用もおススメ。

・バトルホッグ4.4インチ/レイドジャパン

カバーのすり抜け精度も良く、スイミングでも活躍。

フックはオフセット4/0、シンカーは7gがベスト。

取材ではメジャーフィールドで52cmを捕獲していた。

タックル

ビッグベイト&スピナベ用

・グラディエーターアンチ ディフューザー/レイドジャパン

・クロナークCi4/シマノ

・R18フロロリミテッド20ポンド/クレハ

チェリーリグ用

・グラディエーターアンチ バルトロ/レイドジャパン

・レボLTX KAHENチューンモデル/KTF

・R18フロロリミテッド14ポンド/クレハ

出典

・ルアーマガジン2018年6月号

釣り雑誌で情報収集する場合は、kindle unlimited(キンドルアンリミテッド)がおススメです!

なんと、2016年~現在までのバス釣り雑誌が読み放題になってます!

30日間無料体験もありますよ!

詳しくはこちらから!

関連記事:14種類の釣り雑誌が読み放題のサービス、知ってます?

その他のテクニックについてはこちらから!
カテゴリー:テクニック



スポンサーリンク