【金森隆志】冬の野池おかっぱり攻略法!冬のルアーセレクトは?

スポンサーリンク

サムネイル出典:RAID JAPAN

どうも、うめだ(@umesooooo)です。

ロッドアンドリール3月号の「ワンバイフォー」という記事で金森隆志さんが冬の野池おかっぱり攻略について解説されていたのでまとめてみました!

冬の野池は越冬場とタイミングさえ逃さなければ実力に関係なくチャンスはあります。
ただ、そのチャンスが少なすぎるのも事実。

是非数少ないチャンスをものにするためのテクニックを吸収しましょう!

冬の野池の選び方

冬の野池は水温低下によってプランクトンが少なくなりクリアになるのが特徴。

なので濁っている池はまだプランクトンが残っている証。
濁っているの方が水も温まりやすいのでバスが時合に入るタイミングも多くなる。

水質がクリアなほどルアーで騙しにくくなる。

チャンスは時合

リアクションバイトとは目の前のルアーが突然動きそれに反応してしまうこと。
ただ、バスの時合、エサを食べたい時に発生するのではないか。

冬はバスの時合が極端に少ないのでいかにチャンスをモノにできるかがカギ。

朝まずめ夕まずめが一番わかりやすい。
風の吹き始め陽の差し始めなどの状況変化もバスのスイッチを入れる。

減水野池の注意点

冬と言えば減水した野池がバスの居場所が絞りやすいので定番になる。

ただ、水温低下が激しくなるので逆に反応が得られないことも。
そうなると時合そのものがなくなってしまう可能性もあり。

減水してもある程度水深がある野池はOK。

ただ巻き

時合にしか口を使わない、かつルアーを追う気力もないバスにルアーを効率よく届ける一番の方法はただ巻き

リフト&フォールが定番だが、広く探るにはただ巻きが良い。

ピンポイントが絞れていない場合はただ巻きの方が効く場合も。
短時間のチャンスには効果的。

リフト&フォール

バスが絶対ここに溜まっていると確信できるスポットがあればリフト&フォールで細かく刻んだ方が効率的。

オープンな場所ではただ巻き、ブレイクなどではリフト&フォールのように使い分けることが重要。

時間帯や地形変化で使い分ければ確率UP。

ベイトPE

レベルバイブブーストやレベルバイブBIGはPEラインを直結で結んでいる。
飛距離が圧倒的にUPする他、感度が増し、フォール中のバイトにも対応できる。

スピニングPEでも届かない場所にルアーを届けられるのメリット。

初冬攻略

水温10度前後。

大きく分けると動けるバスと動けないバス。

動けるバスはシャローやカバーで捕食活動を続け、動けないバスはいち早く水温が安定するディープなどに移動する。

冬のメインベイトである稚ギルが残るシャローエリアではデカバスが釣れる可能性が残っている。

ルアーセレクト

・レベルバイブBIG/レイドジャパン

・レベルバイブブースト/レイドジャパン

・レベルシャッド/レイドジャパン

・エッグボールジグ7g/クオン+バトルホッグ2.6インチ/レイドジャパン

動けるバスに対してビッグやブーストのただ巻きで誘う。
スローな動きの場合はシャッド。

動けないバスに対してブーストのリフト&フォール。

根掛かりそうならフットボールジグを代用。

厳冬攻略

水温6度以下。

最低水温の時期は初冬に動いていたバスも動かなくなる。
初冬と同じような場所に溜まっていることが多いのでスポットさえ見つければ釣りやすい

水温が安定するディープ水深があるカバーなどが狙い目。

それでも動くバスもいるが、頻度は少ない。

ルアーセレクト

・レベルバイブ/レイドジャパン

・PFカバージグ/クオン+バトルホッグ3.8インチ/レイドジャパン

越冬ポイントが絞り込めたらブーストでリフト&フォール。
レベルバイブはスローフォールで誘う。

スモラバのカバー直下引っ掛け釣りは関東フィールドの王道手段。

カバー撃ちでの1発狙いはラバージグで。

晩冬攻略

いち早く動き出すバスほど大きい。初冬とは逆パターン。

カギは温かい雨濁り
温かい雨が繰り返し降ると濁って水温も安定していく。

越冬場からシャローに動き出すので、越冬場のブレイク前後も狙い目。

2月中旬以降の大潮がタイミング。

ルアーセレクト

・レベルスピン/レイドジャパン

・バトルホッグ4.4インチ/レイドジャパン

・ビビットクルーズ170/フィッシュアロー


出典:フィッシュアロー

春を先取るバスにはレベルスピンやビッグのような強いルアーを使う。

ブーストは冬の延長線上にいるバスにリフト&フォール。

大きいシルエットでゆっくり動くものに反応するのでバトルホッグ4.4インチのテキサスやビビットクルーズ。

いかがでしたでしょうか。

ポイントを絞り込むまではリフト&フォールよりただ巻きが効率的。

これが一番僕にはビビッときましたね!

冬のキモはいかに効率よくバスの目の前にルアーを通せるか、ですからね。

是非参考にしてみてください!

冬のバス釣り攻略記事はこちらから!
カテゴリー:季節

それでは!



スポンサーリンク