【金森隆志】おかっぱりでデカバスを狙うための釣り方やタックルは?

スポンサーリンク

サムネイル出典:Instagram

どうも、うめだ(@umesooooo)です。

ルアーマガジン3月号の「金森隆志という解答」という記事で、金森さんがおかっぱりでデカバスを狙うためのQ&Aを解説されていたのでコツをまとめてみました!

ルアーマガジンモバイルでも金森さんのQ&Aは大人気なので是非ともチェックしてみてください!

デカバスを釣るために重要な事は?

デカバスがいる場所に釣りに行く。

どれだけ釣りが上手い人でもそこにデカバスがいなければ釣れない。
とにかくデカバスが多いフィールドに行けば自己記録更新の確率もあがる。

粘るというリスクを背負う。

金森さんはここにデカバスがいる、という決めつけの元で、粘る。
時期、ポイントを考えて釣り方やルアーを絞ることはメリットにもなるし、デメリットにもなる。

ストライクゾーンを絞る事でデカバスを獲れる確率は上がる。

過去の経験に頼る?新しいアプローチ?

どちらも正しいが、バランスよくこなすことが大事。

過去の経験は1つの正解ではあったが、頼りすぎるのはNG。

ただ、経験や体験は貴重なデータの蓄積になる。

折り合いの付け方が上手い人ほど、どんどん成長していく。

デカバス特有の行動パターンは存在する?

どちらとも言い切れない。

サイズを問わず、フィールドや季節によって行動に差が出る。
その中でデカバス特有のパターンが存在することもある。

行動パターンはキリがないが、デカバスほど行動パターンには何らかの意味があることが多い。

それを踏まえているから経験値を積んだ釣り人ほどデカいバスを釣る。

デカバス捕獲に向いている季節は?

特にない。

季節によってのバスの動きを理解できればいつでもチャンスがある。

春はシャローに差すタイミングが多いのでおかっぱりではチャンスは増える。
季節によってフィールドを変えることで対応できるし、デカバス捕獲率が季節によって偏ることはない。

デカバス捕獲に向いている時間帯は?

昼間。

釣りのスタイルも関係している。
粘っていると、精度や理解力が高まり、的をぐっと絞って釣れることが多い。
そのためにはある程度時間も必要になる。

デカバスはやっぱりデカいルアー?

理論的には間違っていないが、リスクも生じる。

ただ、全てのルアーにデカバスが獲れる可能性があると感じるのでバス釣りは面白い。

個人的にはデカバスを獲るためにはサイトフィッシングが強い。

自己記録更新を目指すには?

何かを少しだけ変えるだけでチャンスが訪れることもある。

フィールドを変えるか、釣り方を変えるetc…

苦手な釣りやよく分かってない釣りを理解することで引き出しも増えるので確率UP。

バス釣りは結局経験値の積み重ねがほとんど。

2017年の自己記録と使用ルアーは?

おかっぱりの最高記録はリザーバーのサイトで59cm

ファットウィップ3インチのノーシンカーをギルにくわえさせて泳がせているとデカバスがギルを狙いに来る。

ギルは驚いて逃げ、残ったワームをデカバスが食った。

この時はプライベート釣行だった。
プライベートは邪念がないのでデカバスが釣りやすい。

タックル

・グラディエーターアンチ フィクサー/レイドジャパン

・バンキッシュ C2000S/シマノ

・シーガー R-18 フロロリミテッドハードバス 3ポンド/クレハ

・ファットウィップ3インチ/レイドジャパン

50upを釣ったルアーベスト3

・レベルバイブ/レイドジャパン

一番は巻きの釣り。
スピーディーで反射的に食わせる釣り。

・コイケ/ハイドアップ

サイトフィッシング専用ワーム。
ダウンショットリグで使う。

巻きとサイトが主な釣り。

・ダッジ/レイドジャパン

出典:レイドジャパン

トップウォーターもデカバス率の高い釣り。
バズベイトも良く使う。

色んな釣りをやって勉強しながら引き出しを増やしていくことが自己記録やデカバスに繋がっていくんですよね!

確実に引き出しを増やしていこうと思います!

関連記事:【奥村和正】デカバスをとことん狙うための13のコツ!自己記録更新を目指せ!

それでは!



スポンサーリンク