【五十嵐誠】ボウズ逃れのためのトーナメントでも活躍したおすすめルアー5選!

スポンサーリンク

サムネイル出典:アメブロ

どうも、うめだ(@umesooooo)です。

ルアーマガジン1月号の「厳しい冬を制するボウズノガレ」という記事で、五十嵐誠さんがおすすめルアーについて解説されていたのでまとめてみました!

トーナメントでもそのまま使え、これらを試せば何かしら1匹は釣れるだろうというバリエーションになっております!

是非チェックしてみてください!

単純な釣り方

ネコリグやスモラバはボトムまで落としてシェイクしながら巻く。
ハードルアーは一定速度でただ巻き。

いたってシンプルな釣り方。

五十嵐プロはプロガイドもされているので、お客さんに1本釣っていただくためのチョイス。

その中でも特に信頼しているのがネコリグ
状況が把握できなくなったらとにかくスワンプジュニアを信じて投げる。

おすすめルアー5選

・フローシャッド/ジャクソン

まっすぐ進むフローティングシャッド。
根掛かりしづらいので様々な場所で試せる。

基本はただ巻きで使う。
霞水系のトーナメントでは何度も助けられた。
リールはエギング用のリールを使っている。

・スワンプジュニア/レイン

このネコリグは霞水系でも桧原湖でも野尻湖でも釣れる。
サイズを問わず釣れるワーム。

フックはワーム329hハンガーHDKGウィードレス6番/がまかつ
ワッキーチューブ4ミリ(G7)を使用。
シンカーは1/32オンス

・2インチシュリンプ/ゲーリーインターナショナル

冬の亀山ダムではこのダウンショットリグがよく活躍する。
フックはカン付波止針3号/がまかつ

ディープでシンカーをボトムにつけたままそのままずる引く。
I字系のイメージで使う。

・エグジグ1.3g/クオン
・4インチシングルテールグラブ/ゲーリーインターナショナル

エグジグはボリューム感があって根掛かりしづらいので色々なところに投げられるスモラバ。
トレーラーにグラブを採用しているのはワームのウエイトがあってテールも水を噛むので使いやすくなる。

・ハイピッチャー1/2オンス ダブルウィロー/O.S.P

霞水系ではプラクティスでサーチルアーとして使う。
結果的に釣れることが多いので広い意味でのボウズ逃れとして使える。

とにかく投げて巻く。

コツは一定の速度で巻き続けること。
一定の速度で巻くにはタックルを持つ手に伝わるルアーの重みが一定になるように巻く。
重みが一定ならルアーに伝わる力も速度も一定になる。

リールを巻く速さが一定だとしてもボートが動いたりするとルアーの速度は変わってしまう。

いかがでしたでしょうか。
巻物系に定評がある五十嵐プロですが、一定速度で巻くためにルアーの重みを一定にするというのは凄く参考になりますね!

ガイドもされているので確実に釣れるルアーをセレクトしていただいているので是非チェックしてみてください!

その他の冬のバス釣り攻略記事はこちらから!
カテゴリー:季節

それでは!



スポンサーリンク