【茂手木祥吾】冬のシャッドの使い方を徹底解説!

スポンサーリンク

出典:モーターガイド

どうも、うめだ(@umesooooo)です。

ロッドアンドリール2月号の「冬バスの釣り方教えまショー!!」という記事で、JBトップ50でもご活躍されている茂手木祥吾プロが、冬のバス釣り攻略について解説されていたのでまとめてみました!

バイブレーション&メタルバイブ、ラバージグ、シャッド編と3つに分かれております!

次はシャッド編です!

シャッド

シャッドを使い始めるのは、日が昇り始めて水温が上がってから
水温が上がると、バスは中層に浮き上がる。

その際に捕食するためにベイトを追い求める。

ただ、がっつり追いかけるほどの体力はないので、中層を狙える&サスペンドができるシャッドがバスを刺激するのに一番のルアーとなる。

テクトロ

テクトロは投げてからある程度巻いて沈めてから動き始める
動くスピードは超絶スローで。
音を立てないように歩くぐらいの速さが〇。

定期的に足を止め、ルアーをストップさせバスに食べる間を与えて誘うようにする。

釣り場に人が多い場合は注意。

アクション

食わせの間を取ることが一番重要。

冬~早春にかけて、トゥイッチ後のポーズで食わせの間を作る。

タフなコンディションほどポーズの時間を長くするのがコツ。

秋~冬はスローなただ巻きが効く。

どこを狙うべきか

中層付近の水温が上がり、活性の上がったバスを狙う。
そのタイミングでベイトが集まるエリアを狙う。

風がある時は護岸際がベスト。

冬のルアーカラー

すべてのルアーに言えることだが、クリアならナチュラル系(ベイトに合わせた)カラー。
濁っているときはブラックチャート系の派手なカラー。

茂手木プロは捕食に訴える場合はナチュラル系、リアクションで狙うときはシルエットがはっきりするカラーという具合に使い分ける。

防寒

動きやすくて温かいことが冬の釣果に繋がるので温かいアンダーウエアを着用する。

速乾性素材+保温性の高いウエアがおすすめ。

・DU‐3507S/ダイワ

ハマるシチュエーション

ポイントとしてはバスが浮き上がりやすい場所。
沖のブレイクやワンド奥のシャロー、消波ブロックの上など。

潜りすぎるのはNG。
スローに巻いてバスの捕食スイッチを入れる。
あくまで活性が低いことを忘れてはいけない。

冬に適したシャッド

しっかりサスペンドするシャッドが基本。
サスペンドとルアーに表記されていても実際は水温が下がりすぎるとスローシンキングになることもしばしば。

なるべくサスペンドする、沈むとしても超絶スローに沈むものを使うようにする。

アクションはタイトな方がクリアな水質では見切られにくい。

おすすめシャッド

・スティーズシャッド/ダイワ

SRモデルがあるのが特徴。
レンジの幅が広げられるのが最大の強み。

細かいバイブレーションで小刻みに動く。

・ハイカットDR-SP/O.S.P

非常にバランスがよく、速巻きでも動きが崩れない。
小魚を模した動きを演出する。

いかがでしたでしょうか。
これで冬のシャッドの基本は完璧にマスターできますね!

是非参考にしてみてください!

冬のバス釣り攻略記事はこちらから!
カテゴリー:季節

ルアーマガジンやロッドアンドリールの読み放題サービスはこちらから!
Kindle Unlimitedで読み放題!

それでは!



スポンサーリンク