【伊豫部健】イヨケン流!冬のおすすめクランクと野池でのテクニック!

スポンサーリンク

サムネイル出典:SHIMANO

どうも、うめだ(@umesooooo)です。

ロッドアンドリール2月号の「ブランドNEWクランク&MORE」という記事でイヨケンさんが冬のクランクについて解説されていたのでまとめてみました!

小ネタ的なので短い記事になります!

ウォブル&ロール

ウォブルとはクランクを正面から見たときに左右に頭を振る動きの事。
ロールは左右のボディの倒れ方のこと。

この比率でクランクの動きが変わる。

冬のおすすめクランク

・LZ4/レーザールアー


出典:LAZER LURES

冬の野池でクランクを巻く場合はタイトウォブルスローフローティングのモデルが〇。
低水温の場合は魚の動きも鈍くなるので、ゆっくり巻けるモデルが理想。

冬は水もクリアになるので、シャッドのようなタイトクランクの出番が増える。

よほど濁っているときでないと強いクランクは使わない。

トゥイッチ巻き

冬の野池で有効な一定レンジのトゥイッチ巻き。

冬は常にバスの視界を意識することが大事。
トゥイッチしながら巻くことでクランクをレンジキープしながら巻ける。

サイレントクランク

クランクを選ぶ上で気になるのがラトルの有無。
イヨケン氏はサイレントクランク派。

ラトル入りはウエイトが動く。
ストラクチャーに当たったときにルアーの軌道が変わるのが好きではないとか。

やる気があるバスがいるポイント

同じシェードでも明暗がはっきりしているシェードにバスは入りやすい。
日が当たってその部分だけシェードになっているポイントは〇。

いかがでしたでしょうか。
冬でもがっつりクランクを巻いてやるぜ!って方は是非参考にしてみてください!

冬のバス釣り攻略記事はこちらから!
カテゴリー:季節

それでは!



スポンサーリンク