【茂手木祥吾】冬のバイブレーション&メタルバイブの使い方を徹底解説!

スポンサーリンク

サムネイル出典:O.S.P

どうも、うめだ(@umesooooo)です。

ロッドアンドリール2月号の「冬バスの釣り方教えまショー!!」という記事で、JBトップ50でもご活躍されている茂手木祥吾プロが、冬のバス釣り攻略について解説されていたのでまとめてみました!

バイブレーション&メタルバイブ、ラバージグ、シャッド編と3つに分かれております!

まずはバイブレーション&メタルバイブ編からどうぞ!

冬の必需品

バイブレーションは手早く広範囲を探ることに長けている。
メタルバイブはリフト&フォールのフラッシングでバスを誘いやすい。

冬~春にかけての活性が低いシーズンはバスの目の前にルアーを通してリアクションで口を使わせる釣りが重要となる。

リアクションを誘発させやすいのがバイブレーション

時間帯的にはが一番ベスト。

アクション

リアクションで誘うのが目的であることを第一に考える。

メタルバイブの基本的な動きはリフト&フォール

バイブレーションポンプリトリーブただ巻きで使う。
遠投しやすいので沖のブレイクを狙いたい。

両方ともバスの目の前を通すことを意識する。

メタルバイブのアクションイメージ

メタルバイブがフォールする際にバイトしてくるので、リフト中にフッキングすることも多い。

リアクション効果を際立たせるためにもリフト&フォールのアクションは細かく刻むことを意識する。

根掛かり回収機がすごく便利

バイブレーションは根掛かりしやすいルアー。
ロストを少しでも減らすために根掛かり回収機を持っておくと便利。

スナップを大きいものに替えると回収率アップ。

・ルアーキャッチャー/DAIWA

冬の水質変化

いつもよりクリアになっている場所はパスする。

冬のクリアウォーターはベイトフィッシュのいないエリア。
微生物で濁った透明度の低いエリアは特に狙い目。

フォールスピードはウエイトで調整

水深が浅いエリアはルアーを軽くしてスローに。

深い場所では重くしないと非効率。

ハマるシチュエーション

バイブレーションはアピール力が強いので広い場所が〇。

メタルバイブは消波ブロックなどのバスが集まりやすいピンポイントで狙う。

杭などは1つ1つバイブレーションを丁寧に巻く。
様々な角度から巻くのがコツ。

消波ブロックではテンションをかけてまっすぐ落とさないと根掛かりする。

フォールの種類

バイブレーションのフォールはシミーフォールカーブフォールが効く場合があったり、フリーフォールが効く場合もある。

フィールドではとりあえず一通り試してみた方がその日のコンディションを見つけやすい。

おすすめバイブレーション

・TDバイブレーション/ダイワ

バイブレーションの王道。
手返しがよく広範囲を探るのに持って来いのルアー。
季節を問わず、ただ巻きで釣れる。

・TDバイブレーション スティーズカスタム/ダイワ

シミーフォールするのでフォールで狙うことも。
他のバイブレーションよりコンパクトかつウエイトがあるので飛距離が〇。

・オーバーライド/O.S.P

数あるメタルバイブの中でもスライドが広く、フリーフォールで広く探れる。
リアクションの釣りに最適。

いかがでしたでしょうか。

初心者にも分かりやすい解説だと思います!
是非参考にしてみてください!

冬のバス釣り攻略記事はこちらから!
カテゴリー:季節

ルアーマガジンやロッドアンドリールの読み放題サービスはこちらから!
Kindle Unlimitedで読み放題!

それでは!



スポンサーリンク