【初心者向け】アタリとアワセとフッキングのコツとは?

スポンサーリンク

どうも、うめだ(@umesooooo)です。

ロッドアンドリール2017年10月号の「バス釣り吉田塾」という記事で吉田幸二さんが初心者向けに記事を書かれていたのでまとめてみました!

今回はアタリとアワセとフッキングについてです!

アタリとアワセの基礎知識

アタリはバスが食っているサイン

基礎編。

アタリとはバスがルアーを食った瞬間、食ってから移動したときにラインやロッドを通じて釣り人に伝わるサインの事をいう。

アングラーはこのアタリを感じることでバスの口にフックをフッキングさせるためのアワセを入れる。

アワセは、バスがルアーを吐き出す前や飲み込む前にバスの口にしっかり針を貫通させる動作のこと。

バス釣りではアタリを感じてアワセルまでの数秒間で一連の動作を行わなければいけない。
何匹もバスを釣って体にしみこませることが重要である。

・バイトの種類によってアタリの出方は変わる

クランクベイトなどの巻き物をバスが食うと食った勢いでフッキングする、”向こうアワセ”の状態になりやすい。

一方、ワームのフォールで食った時はアタリが分かりにくいのでラインの動きを確認する。

ほとんどのアタリはロッドやラインに出る

バスがルアーを食うとほとんどの場合はロッドやラインにアタリが出る。
例えばバスが水中でワームを食うと、その振動がラインからロッドに伝わり、手元にくることが多い。

あるいは、巻き物のリトリーブ中に巻き抵抗がいきなり重くなり魚が抵抗しているような引きに変わる。

しかし、手元で感じることができないアタリもある。

ワームやスモラバをフリーフォールさせているときはラインを張らないのでロッドに振動が伝わらない。バスが食っても分かりにくい。

そんなときはラインと水面の接点を確認し、不自然な方向に動いたらアタリだと思ってアワせてみる。

・ロッドティップが震える

手元に伝わらないアタリでもティップが振動しているとバスが食ったことがわかる。

しっかりフッキングを決める

発展編。

まずはアワセの基本を身に着ける。
アワセの基本はラインスラックを巻き取りながらロッドを前に倒して、スラックが無くなったら鋭くロッドを立ててフッキングさせること。

ラインが弛んだ状態だとフッキングは決まらない。
ラインが中途半端にブレイクすることもある。

巻き物を巻いていてアタリが来たときは向こうアワセになっても追いアワセを入れるようにする。ファイト中にラインテンションがかかっているときに一度しっかりとアワセを入れることでフッキングしやすくなる。

フッキングした後は姿勢を崩さずラインテンションをかけてリールを巻くことが大事。

出典

・ロッドアンドリール2017年10月号

釣り雑誌で情報収集する場合は、kindle unlimited(キンドルアンリミテッド)がおススメです!

なんと、2016年~現在までのバス釣り雑誌が読み放題になってます!

30日間の無料体験もありますよ!

詳しくはこちらから!

関連記事:14種類の釣り雑誌が読み放題のサービス、知ってます?

その他の初心者向けのテクニックについてはこちらからどうぞ!
カテゴリー:初心者向け

それでは!



スポンサーリンク