【藤木淳】冬に使えるフラッシュユニオンおすすめルアー5選!

スポンサーリンク

サムネイル出典:菊本俊文.jp

どうも、うめだ(@umesooooo)です。

ルアーマガジン1月号の「厳しい冬を制するボウズノガレ」という記事でフラッシュユニオン代表の藤木淳さんが冬に使えるおすすめルアーについて解説されていたのでまとめてみました!

同じルアーをトリッキーに扱うことで厳しい冬にも釣果を上げているそうなので是非チェックしてみてください!

おすすめルアー

・スピードキラーSP/フラッシュユニオン

遅巻きで使うシャッド。
ゆっくり巻けばレンジキープしながらゆっくりと泳ぐ。

シャローをゆっくり巻いてもいいし、少しだけ速巻きして潜らせてからゆっくり巻くとそのレンジをキープしたままゆっくり泳ぐ。

ストラクチャーに当てるとふわっと避けるので普通のシャッドでは釣れないバスにアプローチできる。

・ダイレクションジグ1.3g+アバカスシャッド/フラッシュユニオン

根掛かりしそうな場所にいるバスにアプローチするスモラバ。
ある程度スタックさせながら使う。

引っかかったら自然に外れるまでシェイクを繰り返し、外れた瞬間にバイトが来ることが多い。

・フラッシュストレート5.8インチ/フラッシュユニオン

ダウンショットリグで使用。

スルーダウンショットリーダー13cm/ノガレスを使う。

このリーダーがワームの不規則な動きを誘発し、異次元のアクションを生み出す。

・アバカスシャッド/フラッシュユニオン

ボウズ逃れに最適なのはアバカスシャッドのダウンショット。
オフセットフックを使用。
シンカーは1.3~1.8g。

ずる引きして障害物を抜けたときに放置する。

アバカスシャッドの動きはバスの本能を刺激する。

・フラッシュストレート4.3インチ/フラッシュユニオン

ネコリグで使用。
シェイクで釣れない魚に対応できる力がある。

テール寄りの穴にセットすることでラインを張るだけでワームが自然と立ち、動かさずともアクションさせることが可能。

いかがでしたでしょうか。

王道のルアーにも不規則な使い方で釣果を上げる方法があるんですね~。

それでは!



スポンサーリンク