【リアルフロッグ】夏のバス釣りの代名詞、カエルパターンのコツ!

スポンサーリンク

どうも、うめだ(@umesooooo)です。

ロッドアンドリールの2017年8月号に掲載されていた「リアルフロッグで釣りまくれ!」という記事でカエルパターン、特にリアルフロッグを使ったパターンを水本圭亮さんが解説されていたのでまとめてみました!

夏、絶対に外せないのがカエルパターン

リアルフロッグであれば専用タックルがいらないのでお手軽にカエルパターンを楽しむことが出来ます!

リアルフロッグの有効性


出典:イマカツ

夏はカエルやムシなどが表層に浮かぶ。
バスもアフターから回復し、活発に活動するので反応が良い。

特に、雨上がりの翌日の晴れた日などは最高のパターンになる。

普通のフロッグは普段誰も投げれないような複雑なカバーに投げられるというのがメリット。
それに対しリアルフロッグはベイトに寄せて投げるだけの簡単なパターン。

専用のタックルも必要ない。

“水面ピクピク”というムシパターンのテクもやりやすい。

カエルがそんなにいないフィールドでも釣れるので釣りやすいパターンである。

狙う場所

オーバーハング

ムシが落ちてきそうな場所では効果的。

一点シェイクホットケなどでムシを演出する。

インレット

様々なベイトが流れ落ちる場所。

流れがあるのでルアーを本物のベイトだと騙しやすい格好のポイント。

ベジテーション

リアルフロッグはフックを上向きにつけているのでカバー周りも攻められる。
移動距離を抑えたアクションを心がける。

バラバラ生えたヒシ藻のポケットやエッジを細かくチェックする。
ここぞという場所では一点シェイクでバイトを誘う。


水路の岸際

田んぼ周りにある水路などは好ポイント。

一度岸に乗せてから水面に落とすようにしてみる。

アクション

一点シェイク

ここぞという場所での一点シェイク。

ショートトゥイッチ

フラットな場所を細かく泳がせるか。
泳がせる場合は時折ポーズを入れることが重要。
ただただ引き続けるだけではバイトにいたらない。

生ガエル/Viva

今回紹介されていたリアルフロッグ。

特徴は着水して裏返っても1ジャークで姿勢が元通りになる点。

フィネスフロッグの弱点を克服している。

出典

・ロッドアンドリール2017年8月号

釣り雑誌で情報収集する場合は、kindle unlimited(キンドルアンリミテッド)がおススメです!

なんと、2016年~現在までのバス釣り雑誌が読み放題になってます!

30日間の無料体験もありますよ!

詳しくはこちらから!

関連記事:14種類の釣り雑誌が読み放題のサービス、知ってます?

その他のテクニックについてはこちらからどうぞ!
カテゴリー:季節

それでは!



スポンサーリンク