【初心者向け】ファイトとランディングとリリースのコツとは?

スポンサーリンク

どうも、うめだ(@umesooooo)です。

ロッドアンドリール2017年10月号の「バス釣り吉田塾」という記事で吉田幸二さんが初心者向けに記事を書かれていたのでまとめてみました!

今回はファイトとランディングとリリースについてです!

ファイト

ジャンプを防ぎながらカバーから引き離す

アタリを感じてフッキングを決めたらファイトの時間。
バレたりラインブレイクが伴うので油断は禁物。

ファイト中にバレる最大の原因はジャンプされること。

ジャンプさせないファイトを覚えることが必要。

カバーから引き離す

カバーの中やカバー際でヒットしたらまずはカバーからバスを引き離すのが先決。
カバーに入られるとラインブレイクの原因になる。

跳ばせないロードワーク

ファイト中にバスにジャンプされるとラインがゆるみ、首を振られてバレる危険性が高まる。
ロッドを下向きにしてファイトすることである程度はジャンプを防ぐことができる。

緊急時にはドラグを使用

ドラグはヒットする前に適正の強さに設定するのが基本だが、しっかりフッキングを決めたいがためにきつめに設定している人が多い。

デカバスとのファイトでドラグがきつすぎてラインブレイクしないようにドラグを緩めるのも手。

ランディング

しっかり取り込んでキャッチする

一般的にはバスの下アゴをつかむハンドランディングが理想。
タックルと比較して明らかにバスのサイズが小さい場合はそのまま抜きあげてもいい。

岸釣りで抜きあげたときに乾いたコンクリートの上にバスを直接置いたり、触れさせたりするのは厳禁。

バスの表皮はデリケートなので表皮のヌメリを極力取らないようにする。
人間が乾いた手で触るだけでもヤケドのようなダメージを受ける。
必ず手を水に濡らしてから、バスを持つ。
ランディングネットも水を濡らしてから使う。

フックに注意

ハンドランディングするときはルアーのフックが手に刺さらないように気を付ける。

浜ならズリ上げ

緩やかな傾斜の砂浜で、デカバスをハンドランディングするのは難しい。
そんな時はそのままズリ上げてしまう方が安全でバラしにくい。

フィッシュグリップが便利

フィッシュグリップは直接魚体に触ることなくランディングできる。
プライヤーを使えば安全にルアーを外せるので非常に便利な道具。

キャットフィッシュなんかを釣ってしまった場合は必需品。

リリース

バスは大切に扱う

バスは一度釣られると死亡率は5~10%と言われている。
末永くバス釣りをしたいなら元気な状態で水に帰すことが重要。

バスは真っ直ぐ持つ

バスの下アゴを持つ場合、アゴには角度をつけずに真っ直ぐ持つ。

角度をつけて持たない

バスを横持ちする場合は必ず手を添える。
30°の角度が付くとアゴが外れるといわれている。

出典

・ロッドアンドリール2017年10月号

釣り雑誌で情報収集する場合は、kindle unlimited(キンドルアンリミテッド)がおススメです!

なんと、2016年~現在までのバス釣り雑誌が読み放題になってます!

30日間の無料体験もありますよ!

詳しくはこちらから!

関連記事:14種類の釣り雑誌が読み放題のサービス、知ってます?

その他の初心者向けの記事はこちらからどうぞ!
カテゴリー:初心者向け

それでは!



スポンサーリンク