【青野ダム】秋のバス釣り攻略ポイント!その日のレンジを探り当てろ!

スポンサーリンク

どうも、うめだ(@umesooooo)です。

ロッドアンドリール2017年12月号の「秋バスの追い込み方」という記事で、リアクレことドランクレイジー上田純也プロがテクニックを解説されていたのでまとめてみました!

最大のキモはその日の当たりレンジを見つけること!

調子の悪いレンジを早々に見切ることです!

効率的なフィールドの周り方

・雨上がりの朝イチはインレットを巡る

インレットは分かりやすいポイント。
そんなに時間をかけずにチェックできる。

この時期はもし入ってたらデカバス率が高い

・ベイトがいない場所はすぐに見切る

ベイトがいないエリアで巻き続けても意味がない。

バスの居場所を知る近道はベイトの居場所を知ること。

キッパリ移動することも大事。

・反応が良いエリアは夕まずめにもチェックする

基本的に秋は朝が釣りづらく、夕方の方が釣りやすいと言われる。

夕方の方が水温が上昇するので、バスのフィーディングタイムになりやすい。

秋の効率を上げるルアーセレクト(基本)

・イナズマ/ドランクレイジー

残存ウィードを狙う場合に強い。

3/8オンスはシャローや中層を狙う場合に便利。

・スイミー/ドランクレイジー

他のルアーで反応が全く無い場合や、ディープを攻める場合に使う。

・リアルクレイジグ+ディレンジ/ドランクレイジー

弱い食わせ力の巻き物。
クリアウォーターでも使える。

ジグはただ巻きではなく、リーリングで緩急をつけて巻く。
ゆるやかにリフト&フォールさせるのがコツ。

こうすることによってレンジも探れるので効率〇。

・オーム/ドランクレイジー

ラバージグと役割が若干被るが、カバーを攻める場合はこちらを使う。

ゆっくり巻くとスカート部分が小さなアラバマリグみたいな感じでベイトの群れを演出。

カバーに入れた後にただ巻きするとこでカバーの低活性バスを狙う。
この場合はテキサスリグがもっとも有効。

秋の効率を上げるルアーセレクト(特化)

・ガーゴイルJr./ドランクレイジー

ストラクチャーにタイトに付いているバスをピンポイントで狙う。

・バーガー/ドランクレイジー

ネコリグでシャローレンジをスピーディーに探る。
食わせのバイブレーション的立ち位置。

ネコバーガーは気難しい状況を打破するパワーを持っている。

・ギルボックリ/ドランクレイジー

浮力が高いルアーなので、キビキビ泳ぐ。

よりリアクションバイトを誘発する。

ハイピッチなルアーでのテクニックとして、ルアーが浮き上がる直前に巻くことで水面にベイトフィッシュの波紋が出る

これがバスのスイッチを入れる必殺技。

秋はゴールドカラーのルアーが強い

フラッシングに効く、というのもあるがマッチ・ザ・ベイトを考える上でも重要。

秋から冬にかけてベイトフィッシュは錆びた色に変わっていく。
それの影響でゴールドカラーが水に良く馴染む。

秋はクロキン、これが定番。

クランクベイトの使いどころ

基本的にクランクはカバーに絡めて使いたい時に投げる。

トリプルフックはショートバイトを拾いやすいのでラバージグでフッキングしない場合に使うこともある。

ジャークベイトは二刀流

ジャークベイトは巻いて釣る食わせメインのルアーと、ベイトを散らしてバスのスイッチを強制的にいれるリアクションのルアーを2本持っておくのが〇。

出典

・ロッドアンドリール2017年12月号

釣り雑誌で情報収集する場合は、kindle unlimited(キンドルアンリミテッド)がおススメです!

なんと、2016年~現在までのバス釣り雑誌が読み放題になってます!

30日間の無料体験もありますよ!

詳しくはこちらから!

関連記事:14種類の釣り雑誌が読み放題のサービス、知ってます?

その他のテクニックについてはこちらから!
カテゴリー:テクニック

それでは!



スポンサーリンク