【奥村和正】デプスのラバージグ総論!使い方やおすすめトレーラーは?

スポンサーリンク

サムネイル出典:デプス

どうも、うめだ(@umesooooo)です。

ルアーマガジン2017年10月号の「ラバージグ四天王に投げる18の質問状」という記事でデプスの奥村和正さんがラバージグについて解説されていたのでまとめてみました。

日本を代表するデカバスハンターの貴重な金言の数々をどうぞ!

ラバージグの凄さ


出典:deps

ずばり、ラバー。

テキサスリグと比較すると、スカートがしっかり水に絡むので存在感が倍増する。

使う用途やシチュエーションによって何にでも化けられる。

釣れるラバージグの動かし方

①フォーリング

②ボトム放置

③ずる引き

④ボトムパンピング

⑤スイミング

一連の動作である。

テキサスリグとの違い


出典:deps

最初はテキサスリグとの違いは無いと思っていた。

最大の違いはジグはヘッドとフックが固定されているという点。
後はスカートがある分、テキサスリグと同じ重さでもカバーの中に入り込めないという点。

ウィード攻略ならラバージグはウィードの上に乗せられる。
テキサスリグなら中に入れられる。

自分が求めるものによって使い分ける。

最初に買うべきセット

ベーシックにシャローのカバーを攻めるならフラットバックジグ3/8オンス

トレーラーはカバーの濃さによって決める。

コンツアージグもおすすめ。カバー撃ちでもスイミングでも使える。

・フラットバックジグ/デプス

・デスアダーグラブツインテール/デプス

・コンツアージグ/デプス

釣れるラバージグ選びのコツ

大事なことは用途に応じた基本性能がしっかりしているかどうか。

デプスのラバージグで言うと、ヘッドのどの部分が最初に障害物にコンタクトするかというのも1つのキーワードとなる。

フラットバックジグは先端から背中にかけてコンタクトするので引くと上に上がる。
よって、カバーをかわしやすく設計されている。

スライディングジグは引っ張っても直線的に動くので、引っ掛かる感じが欲しい時に使える。

ヘッドロックジグはアイが後ろにあるのでカバーに入れない。
なのでフックを小さ目にしている。

こんな感じでラバージグのコンセプトが見えるものがおススメ。

・スライディングジグ/デプス

・ヘッドロックジグ/デプス

一番釣れるトレーラー

カバー撃ちならよく動く方がイメージしやすいのでクロー系
あとはカバーの密度と求めるアピール力によって選ぶ。

アピール強めならスパイニークロー
すり抜け重視ならリルラビットが良い。

今日は一日何があってもジグを投げ抜くぞという決意が持てない人にはポークがおススメ。
一度フックに刺したら中々抜けないし、使っていないと乾く。
やらざるを得ない状況に自ら持ち込める・・(笑)

・スパイニークロー/デプス

・リルラビット/デプス

ラバージグは1年中釣れる

いろいろなジグを使えば1年中ラバージグで釣れる。

フットボールジグの使いどころ

琵琶湖ならカナダ藻のフラットだったり、ハードボトムロックエリアで使う。

川ならアウトサイドのテトラポット。リザ―バーでいうならチャンネルラインや橋脚など。

食わせに重きを置くのであれば、フットボールの方が有利。
だが、ポイントを熟知していないとすぐ根掛かりする。
リザ―バーは根掛かりが多いのでガード付きのクリングヘッドがおススメ。

・クリングヘッドジグ/デプス

ラバージグ用最強ロッド

ヘビーカバー用のジグならスーパーボーダーFE、
フリッピングエディションで長さが69になったのでキャスト精度も向上。

ヘビーデューティーに扱えるという点でこれがベストかなという感じ。

・サイドワインダーHGC-69XFスーパーボーダー/FE(デプス)

アタリのアワセ方

アタリを感じ取ったら、巻く。
ロッドティップを下げて一気に巻く。
その後魚の重みを感じたらロッドでアワセる。

いわゆる巻きアワセ。

アタリを感じて反射的にロッドでビシっとやるのではなく、一気に巻く。

スイミング以外はラインをたるませておく。
糸を張っているとバスは食わない。

スイミングラバージグについて

ラバージグをスピナーベイトのように巻いて使う釣り。

・沖の中層を引くスイミング

障害物に絡めてガイド付きのジグですり抜けながら泳がせるスイミング

大きく分けてこの2種類がある。

中層の釣りならロングシャンクのハイパーフットボールジグ

カバーでスイミングさせるならフラットバックジグのガードを間引いて使う。

20年前に奥村氏がこの釣りを始めた時は周りに笑われたそう。

・ハイパーフットボールジグ/デプス

ラバージグの必殺技

シェイク巻きやジグストが注目されているが、ホンガリングにハマっている。
トレーラーをデスアダースティックでやると凄く釣れる。新しい必殺技。

ホンガリングとは菊元プロが命名した、ボトムパンピングを底をとらずに底から浮かせてやる釣法。大事なのは一定リズムで巻くこと。

・デスアダースティック/デプス

ラバージグが苦手な人へ

まずは3/8オンス1/2オンスのガード付きジグでカバーを攻めてみる。
すると、3/8では落ち切らないカバーでも1/2なら落ちるとか、撃つべき場所が分かってくる。

必ず見落としている場所があるので、同じ場所をもう1回打つ。そうすると見えてくる。

出典

・ルアーマガジン2017年10月号

釣り雑誌で情報収集する場合は、kindle unlimited(キンドルアンリミテッド)がおススメです!

なんと、2016年~現在までのバス釣り雑誌が読み放題になってます!

30日間の無料体験もありますよ!

詳しくはこちらから!

関連記事:14種類の釣り雑誌が読み放題のサービス、知ってます?

その他のテクニックについてはこちらからどうぞ!
カテゴリー:ラバージグ

それでは!



スポンサーリンク