【ヒロ内藤】本場アメリカのクランクベイトの使い方やタックルを徹底解説!

スポンサーリンク

サムネイル出典:アメリカンルアーフィッシング

どうも、うめだ(@umesooooo)です。

今回はロッドアンドリール12月号の「クランク道場U.S.A」という記事でヒロ内藤さんがクランクベイトの使い方について徹底解説されていたので美味しいトコロをまとめてみました!

本場アメリカのテクニックを是非吸収しましょう!必読です!

クランクベイトを選ぶ基準


出典:イマカツ

クランクベイトは攻めるポイントの種類レンジによって浮力アクションを基準に選ぶのが効率的。

ディープが一番ルアー選択が簡単。

なぜならディープクランキングは基本的にボトムパンピングが中心となるから。

狙っているレンジよりもちょっとだけ余分に潜るルアーを選べば確実にボトムを叩ける。

二番目に簡単なのがシャローレンジ

ボトムを叩く必要はない。

水中のハードカバーにぶつけることを考えるので狙っている水深よりもちょっとだけレンジが浅いルアーを選ぶのが〇。

一番難しいのがミディアムレンジ

ドロップオフ(急斜面)などの傾斜が点在するフィールドであれば、余分に潜るルアーをチョイスしてボトムパンピングを基本にする。

中層にウィードが広がっているエリアでウィードの面を攻める釣りであればウィードまでのレンジからちょっとだけ浅いルアーを選べばギリギリを引くことが出来る。

クランクで釣るには計算が必要

・ルアーの位置をつかむ

ルアーが今どこにあるのかを把握できないと攻めの釣りができない。

何処を泳いでいるのかを感覚で掴むことが重要。

杭の近くに投げて、杭の真横に来たと思ったら浮上させて確かめる練習をしてみる。

・キャストの距離でレンジを調整する

クランクのレンジは飛距離と比例している。

自分のイメージに合わせて調節することが必要。

基本となるクランクを選ぶ

クランクの釣りを上達させたいなら自分の中で基本となるクランクを決めて使いこなす。

レンジは2~2.5mぐらいのものを選ぶ。

ヒロさんの場合はファットA(B06F)/ボーマーを基準にしている。

基本ルアーを選ぶ時はどこでも手に入り、性能にばらつきがないものが〇。

・ファットA B06F/ボーマー

ウィードのエッジを狙う

クランクベイトはウィードエッジを釣るのに最適なルアー。

ウィードエッジを舐めるようにボートポジションを決め、後は距離と方向を決めてキャストすると連続で何本も釣れたりする。

エッジ攻めができる人とそうでない人では釣果が10倍違う事もある。

ウィードの面をトレースするよりもエッジ部分の方が釣れる。

反応がないならシャローに戻る

中層の釣りで反応がない場合は目に見えるカバーを撃つ作戦に切り替える。

反応がない事に臆する必要はない。

シャローで感覚が研ぎ澄まされて来たら再びレンジを落としてミディアムを攻めれば良い。

ルアーが見えないことが不安ならばクリアレイクで練習するのも1つの手。

レンジの微調整はロッドで

レンジが~mと決まったルアーを使っているからといってレンジコントロールをルアーにだけ任せていてはいけない。

実際のフィールドには様々な地形や変化がある。

それに適応していくためにロッドの高さを変えてレンジコントロールする。

ルアーが近くに来る従ってティップを下げてレンジキープをする。

近距離の場合は最初からティップを下げておく。

クランクのアタリの真実

小バスは捕食に必死でルアーを強く引っ張ったり、横取りされないように反転して逃げようとするのでアタリがガツン!と出る。

反対にデカバスは吸い込む力が強く横取りされる心配もないのでそのまま吸い込み、違和感があれば吐き出す。

デカバスほどアタリが分かりにくいので、違和感を感じたらすぐにアワセる習慣が大事。

タックル

ロッド

・ヒロイズムAIR ジ・アンサー ウィザードCS/オフト

リール

・スティーズリミテッドSV 105 XH/ダイワ

ライン

・PE0.8号(リーダー) +シルバースレッドS.A.R20ポンド

出典

・ロッドアンドリール2017年12月号

釣り雑誌で情報収集する場合は、kindle unlimited(キンドルアンリミテッド)がおススメです!

なんと、2016年~現在までのバス釣り雑誌が読み放題になってます!

30日間の無料体験もありますよ!

詳しくはこちらから!

関連記事:14種類の釣り雑誌が読み放題のサービス、知ってます?

その他のテクニックについてはこちらから!
カテゴリー:テクニック



スポンサーリンク