琵琶湖に半年通ってみて重要だと思ったテクニックやルアー3選!

スポンサーリンク

どうも、うめだ(@umesooooo)です。

今年の6月から週1ペースで琵琶湖に通い出しました。

まだまだバス釣りはニワカofニワカですが、それでも琵琶湖からたくさんの事を学びました!

今回はそれを共有できればなと思います!

ラバージグは釣れる!

・PDチョッパー/ZAPPU

琵琶湖で釣りをするまでラバージグなんて使ったこともありませんでした。

スモラバは良く使いましたが、ヘビーカバーを攻略するタックルは持ち合わせておらず。

吉浦兄貴がラバージグでランカーをポンポン釣るのを目の当たりにしてからは僕もラバージグを覚えようと必死でした!

もちろんまだまだ使いこなせてはいないですが、それでも今年は自己記録更新フィッシュもラバージグで獲ることができました!

ラバージグを使いこなす人からしたら当たり前のことですが、まだまだ使えない人には是非お勧めしたいルアーですね!

ラバージグのテクニックはこちらからどうぞ!
カテゴリー:ラバージグ

フィネスサイト<パワーサイト

・アベンタクローラーRS/イマカツ

これは必ずしも100%!というわけではないですが、スモラバなどのフィネスでサイトを試みても獲れない魚に対し、パワーサイトで誘うといきなりバイトに持ち込める!というパターンが存在することです!

スモラバに見向きもしないバスがラバージグを投げるといきなりバイトしてきたり、ワームでねちねちしつこく誘っても反応しないバスがアベンタを投げると一投で釣れたり。

これには驚きましたね。

自分のサイトフィッシングの幅が一気に広がりました!

サイトについては今江さんの記事をご覧ください!
関連記事:【イマカツ】サイトフィッシングでデカバスを釣るコツ

水路は下流から上流に向かって!

・ステルススイマー/イマカツ

スイムベイトやビッグベイトなどで水路を攻める場合は下流から上流に向かって投げる方が断然反応が良い事が分かりました。

フィーディングタイムに入ったバスは上流を向いていることがほとんどでした。

巻き物で攻める場合は徹底しようと思っています。

特にステルススイマーの集魚力にはびっくりでしたね。

ラバージグやワームに反応のないバスがわんさか湧いてきました!

一見いなさそうに見える場所でも上流に向かって投げるとバスがどこからともなく湧いてくる、ということを何度も経験しました。

バス釣りに本腰を入れ始めてまだ半年足らずですが、これだけたくさんの事を吸収しました!

もちろん基礎的なキャスト力だったり、フィネスサイトの腕もモリモリ成長しました!

来年は更に多くのデカバスをキャッチすることができそうです!

是非参考にしてみてください!

その他のテクニックについてはこちらからどうぞ!
カテゴリー:テクニック

それでは!



スポンサーリンク