【奥村和正】デプスのロングワームでデカバスを釣るテクニック!@琵琶湖

スポンサーリンク
Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare!

サムネイル出典:デプス

どうも、うめだそうたろう(@umesooooo)です。

ロッドアンドリール11月号の「魂のビッグワーム」という記事で、デプス社長の奥村さんがビッグワームで琵琶湖を攻略する取材をされていて、テクニックを解説されていたのでまとめてみました!

ビッグワームと言えば・・・デプスですよね!

デプスのビッグワームのおすすめリグなどたくさんのテクニックを吸収しちゃいましょう~!

何故ビッグワームを使うのか

ワームが大きいからデカいバスが釣れる、というより小さいバスが釣れないように間引いている。
3インチのワームでもデカいバスは釣れる。状況によりけり。

サカマタシャッド8インチ

サカマタシャッド8インチは表層引きで使う。
ノーシンカ―で連続でトゥイッチするのが基本。

沈むと見せかけてトップに上がって逆方向に行ったり・・と不規則な動きが素晴らしい。

表層で使う場合は上反りになるようにセッティング。

・サカマタシャッド8インチ/デプス

デスアダースティック7インチ(プロト)

デスアダースティックは普通にテキサスリグで使う。
ヘビテキで使うならカバーがより濃いところを狙う。

着底したら軽く誘ってからピックアップするか、放置する。

形状を見てもらうとお分かりだが、すり抜け精度はバツグン。
分厚いカバーには真上に投げて勢いをつけて貫通させる。

・デスアダースティック6.5インチ/デプス

BMホッグ7インチ

BMホッグ7インチのテキサスリグをスイミングさせると、2本の手とボディが3匹の小魚に見える。
実はアラバマリグっぽい。

BMホッグの片手をあえてちぎる変則リグも面白い。
テキサスでスイミングさせると千鳥アクションを生み出す。

・BMホッグ7インチ/デプス

デスアダー8インチ

水面ピクピクを1点でやるのがシークレット。
クリアウォーターでルアーを見切るデカバスに対して非常に有効。

中央にフックをチョン掛けし、水面で1点シェイク。

バスが見えていなくとも確実にいるであろう場所でなるべく移動させずにシェイクを続けると浮いてくる。

ワームを全て見せると見切られるので半分は水に着けずにごまかすのがポイント。

・デスアダー8インチ/デプス

ブルフラット5.8インチ

ブルフラット5.8の究極は「ホバリグ」。

ホバリグとは、ブルフラット5.8インチのノーシンカ―のことだが、腹側ではなく、背中側にフックシャンクを出す。そして、中央からあえてズレた位置にセットする。

ホバリグはゆらゆらと左右に揺れてフォールし、途中から反転しフックが下になり、デッドスローで落ちるアクション。

ウェイテッドフックでもかなり良いフォールができる。

・ブルフラット5.8インチ/デプス

キンクー13インチ

キンクー13インチはネコリグ放置が王道。

センターよりの頭側にフックをセット。
倒れそうで倒れないイメージを醸し出せると〇。

・キンクー13インチ/デプス

いかがでしたでしょうか。
デプスの王道ビッグワームのシークレットをたくさん知れました。

特に琵琶湖で力を発揮するのではないでしょうか!
是非取り入れてデカバスを釣ってやって下さい!!

それでは!

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare!