ベイトフィネス徹底解説!おすすめリールやロッド、ラインは?

スポンサーリンク

サムネイル出典:シマノ

どうも、うめだ(@umesooooo)です。

ルアーマガジン2017年10月号に掲載されていた菊元俊文さんの「一刀両断」という記事で、ベイトフィネスについて詳しく解説されていたのでまとめてみました!

ベイトフィネスは基本的にスピニングタックルでは攻めづらい場所で実力を発揮します!

専用リール

ベイトフィネスは専用リールありきのセッティング。
初期投資に結構お金がかかる。

ベイトフィネス用リールは、スプールが極限まで軽量化され、マグネットでブレーキを制御できるように調整されたリール。

軽いリグをトラブルが少なく的確にキャストできる。

菊元プロはZPIのベイトフィネスチューンされたリールか、ルアーのウエイトの許容範囲が広いZ-PRIDEを使用している。

これらの特別にチューンされたリールを使うようになってかなり釣りの幅が広がったと菊元プロ。

ベイトフィネス対応リール

・Z-PRIDE/オフィスZPI

・アルデバラン BFS XG/シマノ

安価なものはないが、ベイトフィネス専用リールのメリットは大きい。

釣りの幅が広がる


出典:釣り具のジャイアント

スモラバ、ネコリグ、ノーシンカ―、スモールプラグなどのスピニングでしか使えなかったルアーを強いロッドや太いラインで使えるメリットはかなり大きい。

菊元プロはスモラバ1.8~2.2gスピニングタックルで使用。
2.7g以上ベイトフィネスで使用している。

ラインやロッドのメリット

菊元プロ使用タックル

・ヘラクレスエアレギウス66MLLTS/エバーグリーン

・マジックハードR10ポンド

これらを標準タックルとして使用している。

連続でカバーを撃っていくような釣りではスピニングより手返しが良く、正確なキャストが可能。
スピニングでは4ポンドを使うスモラバなどもベイトフィネスでは8ポンドや10ポンド、時には12ポンドで使う事ができる。

パワーのあるベイトロッドとベイトリールを使えるので、よりカバーに的確に、カバーの奥を攻めることが出来る。

スピニングでは撃ちこめないカバーにも遠慮なく撃ちこめる。

ランディング率の向上

おかっぱりで足場が高い場所などではランディングネットが必要になるが、ベイトフィネスでは多少の無理は効くので抜きあげることもできる。

ストラクチャーなどでラインが擦れたり、巻かれたりするリスクがある場合もベイトフィネスの方がランディング率は高くなる。

スピニングの方が有利な場合


出典:ピュアフィッシング

オープンウォーターで浅い場所や、クリアウォーターな場所、流れがある場所などはラインの存在をバスが嫌がるので、スピニングの方が有利である。

ディープレンジをライトリグやスモラバで攻める場合も細いラインの方が使いやすい。

適材適所でスピニングとベイトフィネスを使い分けることが大事。

手返しやカバー、キャスト精度などを優先させたい場合はベイトフィネス。

出典

・ルアーマガジン2017年10月号

釣り雑誌で情報収集する場合は、kindle unlimited(キンドルアンリミテッド)がおススメです!

なんと、2016年~現在までのバス釣り雑誌が読み放題になってます!

30日間の無料体験もありますよ!

詳しくはこちらから!

関連記事:14種類の釣り雑誌が読み放題のサービス、知ってます?

それでは!



スポンサーリンク