【青木大介】2017年に活躍したベストルアー5選!

スポンサーリンク

サムネイル出典:Basser

どうも、うめだ(@umesooooo)です。

ルアーマガジン1月号の「俺の職業バスプロ。」という記事で、青木大介プロが2017年に活躍したルアーをご紹介されていたのでまとめてみました!

メーカーの枠を超えて信頼を置くルアーをその理由と共に是非チェックしてみてください!

クランクベイト

青木プロが最も苦手としていたのがクランクベイト。
去年から出番が増え始め、釣れるルアーとそうでないルアーを選別できるようになった。

使い方が分かってきたタイミングでバスプロ選手権でクランクベイトで優勝した。

実際に使ったのがRTO1.5ブルーバックチャート

RTOシリーズはレンジや強さの幅が豊富。
ゴリゴリストラクチャーに当てるのではなく、1キャストで1~2回当てるような状況に最適。

・RTO1.5/ラッキークラフト

数あるクランクベイトの中でもおススメするのがワイルドハンチ

クランクベイトの使い方が分からない人はこのルアーで入門すると〇。
ストラクチャーに当てる、中層で巻く、など、様々な状況にマッチする。

他にはブリッツマッドペッパーファットペッパーショットオーバー2が青木プロのおすすめクランクベイト。

・ワイルドハンチ/モード

プロップベイト

プロップベイトは過去にも大活躍しているが、最も効果が発揮されるのがアフターの季節
スポーニング後の鈍いバスでもバイトしやすいスピード感。

・ステルスペッパー70S/ティムコ

ミミズカラー

ルアーカラーのお話。
ミミズカラーは効果がある場所とそうでない場所が顕著なのが難点。

急深のクリアウォーターで効くことが多い。

他にも場所によって確実に効くカラーは存在する。

そのフィールドの当たりカラーを探すのも大事。

ポーク

ポークは廃盤になってしまったビッグダディが最強。

ラバージグのトレーラーにした時の独特なバイブレーションが効果絶大。
マッディーでもクリアでも実績があるルアー。

釣り具屋で見つけたら即買いするべき。

・ビッグダディ/アンクルジョッシュ

・PFカバージグ/クオン

ルアーセレクト

バス釣りはルアーセレクトによって差が生まれる釣り。

無限の選択肢から選ぶ難しさと楽しさが混在している。

トーナメントでは当たりルアーを見つけると、人が入った後にポイントを攻めても全然釣れる。
それぐらいルアーの差は大きい。

絶妙なルアーセレクトを体験し、釣果を上げてみよう。

いかがでしたでしょうか。

プロの方々の中でもルアーセレクトはまちまちです。
自分の釣りに最適なルアーセレクトができるように、是非参考にしてみてください!

その他のテクニックについてはこちらから!
カテゴリー:テクニック

それでは!



スポンサーリンク