【利根川】秋のバス釣り攻略ポイント!おすすめルアーはクランクベイト!

スポンサーリンク

サムネイル出典:ガンクラフト

どうも、うめだ(@umesooooo)です。

ロッドアンドリール2017年11月号の「秋の関東大攻略戦線」という記事で吉田撃さんが秋の印旛水系&利根川水系を攻略されていたのでコツをまとめてみました!

クランクの動きの強さによって使い分けるところが一番参考になりました!是非!

2017年の夏から秋への移行に伴うバスの探し方

2017年の秋はかなり広範囲に攻めることが大事。

本来はバスは春夏秋冬にともなってメリハリのある動きをするのだが、去年の秋から冬にかけて広範囲に散った状態で冬を迎えた。

そのため冬なのに魚を見つけても密度が薄いイメージだった。

なので夏、秋ともに利根川水系や印旛水系では広範囲を効率に探れる釣りの方が釣果が良い。

視界から見えないポイントにもバスがいる可能性がある

これはどこにでも共通して言えることだが、上流はボトムが見えている場所が多いが、川のチャンネルだったり、岸側にあるえぐれのような若干ボトムが見えていない場所にバスがついていることが多々ある。

橋脚回りもハードボトムになっていたり、ちょっとだけ水深が深い場所が多いから意識して探すことが大事。

吉田氏的にはライトリグは見えている魚にしか使わない。

ボトムが丸見えなシャローでブッシュがちょっとしか生えていないようなパッと見いなさそうなポイントは見落としがちになる。

なので怪しいポイントはとりあえず全部撃つ。

そういう場所でもバックスライドは時間もかからないので〇。

・ボムスライド/ガンクラフト

天候によってのカラーチョイス

晴れているときは人間から見て視認性がはっきりしているカラーが〇。

曇りの日には水に馴染むようなスモーク系や、シルエットがぼやけるカラーが〇。

カラ―は人それぞれで正解は無いと思うが、釣果の差を感じている。

・晴れ

アメザリカラー

チャート系

・曇り

スモーク系

ブラウン系

吉田撃のクランクセレクト

秋は広範囲に探ることが必要な2017年の秋。

暑さでタフな状況でも目の前にクランクを通してリアクションが狙える要素を持っているので巻くコンディションじゃない時でも出番はある。

広範囲に広く探って巻いて獲りたい。

吉田氏が使っているクランクを動きが強い順にご紹介。

・コンバットクランク60/エバーグリーン

かなり動きが強くて暴れるイメージ。
このクランクにしか反応しないバスもいるので出番は多い。
シャローでも使える。

・コンバットクランクSSR/エバーグリーン

昔から良く使っているクランクベイト。
どシャローを攻められるクランクは貴重。

・イヴォーク1.2/デプス

霞ヶ浦においてイヴォークの強さがベスト。
マッディーウォーターにはある程度の強さが必要。

・ワイルドハンチ/エバーグリーン

クランクの中では魚のいるエリアが絞れている状況で使う。
釣果に絶大な信頼を持つ。

・ブリッツ/O.S.P

イヴォークより動きは弱めでワイルドハンチと似ている。

ストラクチャーに当てなくても巻いていれば釣れる。

攻めきれる範囲のエリアで使う。

&nb

・レベルクランクMID/レイドジャパン

長い距離を線で誘える。

食わせ的な位置づけで、ちょっとレンジが深い場合に使う。

・サイレントグリフォンMR/メガバス

ストラクチャーに当てた時のリアクションと小ぶりなシルエットが〇。

これも場所を絞ったところで使う。

・モデルA/ボーマー

食わせのクランクを持ってない人は是非持っておくことをおススメ。

間違いなくマスターピース。

・バクラSR/ガンクラフト

ガンクラフトのクランクはクリアウォーターを想定している。

ナチュラルな動きなので水がクリアになったらおススメ。

出典

・ロッドアンドリール2017年11月号

釣り雑誌で情報収集する場合は、kindle unlimited(キンドルアンリミテッド)がおススメです!

なんと、2016年~現在までのバス釣り雑誌が読み放題になってます!

30日間の無料体験もありますよ!

詳しくはこちらから!

関連記事:14種類の釣り雑誌が読み放題のサービス、知ってます?

その他のテクニックについてはこちらからどうぞ!
カテゴリー:巻き物

それでは!



スポンサーリンク