【野池おかっぱり】マムシジグTGが爆発!真夏の野池は迷わずカバー撃ちだ!

スポンサーリンク

2018.8/6(土)
5:30~8:00

釣果4匹(45.43.35.35cm)

どうも、うめだ(@bakucho_bass)です。

毎月恒例!野池おかっぱり連勤最終日!

この日は人生で初めて50upを釣った思い出の野池へ。

釣果

水面がウィードに覆われている琵琶湖のような野池です。

ブルーギルも大量にいるので、昔はロクマルも釣れたとか・・・?

僕らが中学の時は50upのスクールがいたりしましたが、その時に比べてバスの数は減っている様子。

ウィードの影響で、真夏でも水はクリアな模様。

流れ込みもあるので水質が劣化しづらいのが良いですね!

堤防から、マムシジグTG1/2oz+マブクロー3インチの最強コンビをカバーへ遠投!

するとレギュラーサイズの35cmがいきなりヒット!(写真は省略)

ちなみに、カバーは中から藪漕ぎすれば入れるのですが、大勢の釣り人が入ってるっぽいので外から投げました。

これが功を奏したようで、同じカバーから40upがヒット!

43cm!

堤防から初めて40upを釣りました!

去年は惜しくもバラしたのでリベンジしてやりました!

カバーから引きずり出してゴリ巻きするのは快感ですね~。

その後はイチオシのポイント、流れ込みへ。

僕が人生初の50upを釣ったポイントです。

流れが当たるウィードの中にジグを撃ちます。

やはりお腹を空かしたバスがいた!

納得の45cmを捕獲!

思い入れがあるポイントなので嬉しかったです!

ランディングの際は思わず入水(笑)

そういえば50upを釣った時も慌てて入水したような・・・

ガキンチョの頃から変わってないですな!

それにしてもマムシジグTG、琵琶湖でも野池でも大活躍です!

ヘッドが小さいので細かいカバーにもスルスル侵入します。

根掛かり回避性能も抜群!スモラバ感覚で扱えます!

値段は少し張りますが、操作性が抜群です!

ラバージグにこだわる人には満足出来るはずです!

・マムシジグTG/イマカツ

その他の釣果報告レポートはこちらから!
カテゴリー:釣果報告



スポンサーリンク