【野池おかっぱり】新年早々の40up!冬のジカリグ新戦法!?

スポンサーリンク

2018.01/01(月)
11:00~12:00
釣果1匹(41cm)

どうも、うめだ(@umesooooo)です。

宣言通り!

地元に帰省してすぐに釣りをしてきました笑

釣れるまで6連勤は覚悟の上でしたが、まさか初日にミラクルが!

2018年ファーストフィッシュが40upとは!

釣果

11月の気温がグッと低くなったタイミングに3日連続で同じ野池に通いこみまして。

冬にどうせ通うんならポイントを絞り込んでおいた方がよさそうだな~と、万遍なく地形やレンジを探っていたのが功を奏しました。

野池についてすぐに大本命のポイントへ!

ここはシャローカバーですが、底に大木が沈んでいます。
前回はまさかの厳しい時期に5連続フィッシュだったので期待大。

・・・でしたが、風の影響でシャローカバーが全体的にマッディーに。
日が一番早く当たって水温が上昇してるに違いないのに。

ジカリグラバージグを撃つもノーバイト。

大本命がいきなりダメダメで焦りましたが、次のポイントへ。

ここは風の影響をまったく受けず、シーズンを通して釣れた記憶(といっても6年以上前)が。

実際11月の釣行でも3日連続バスをキャッチしているので1級ポイント。

底には残存ウィードやいろんなものが沈んでいるのでセクシーアンクル5.5インチジカリグ7gでチェック。

するとまさかの釣り開始30分で・・・

・・・・ゴンッ!

ウォオ!?バスか!?バスやろうな!??

正月フィーーーーーシュ!41cm!

いきなりの40up!めちゃくちゃ嬉しい!笑

12月は悲惨な結果だっただけにとても嬉しいです!

ジカリグですが、11月から野池で自分なりの使い方をしています。

その名もジカスト(仮題)!(既にやってる人がいたらごめんなさい)

ジグストの要領でジカリグをアクションさせるのですが、スローに巻きながらボトムをひたすらシェイクしつつ叩きます。

ジグストと感覚は一緒です。ボトムを叩くかそうでないかの違いですかね?

ジグストについては大人気のこちらの記事をご覧ください。
関連記事:キムケン流ジグスト!やり方やおすすめトレーラーを徹底解説!@亀山ダム

そして、ストラクチャーに引っかかったり当たったらそこで止めてシェイク

外れたな、と思ったらそこで数秒ステイ・・・からのワンジャーク

このワンジャークでバイトが来ることが多いですね。まだまだ研究中です!

この釣りのメリットはシェイクしながらスローに巻くことでシンカーがフラフラしながらボトムを叩き、動きがランダムになることかなと。

それこそイマカツさんの千鳥アクションに通ずるものがありそうです!

自由自在にステイさせたりアクションさせたりできるので季節問わず使えるかなと思ってます!

テキサスリグを一切使わないので使い分けに関しては持論がないですが、ハードボトムで使う場合はテキサスよりジカリグの方がラインアイの位置が高いのでラインに掛かる負荷が少なくなる、というのが一般論っぽいですね。

釣れるまで6連勤!とかほざいてましたけど変わらず明日も出勤してきます!笑

ジカスト(仮題)が通用するかどうか研究します。

ワンジャークがキモだと思います!

・セクシーアンクル5.5インチ/イマカツ


出典:イマカツ

・ジカリグ JR-10/カルティバ

その他の釣果報告レポートはこちらからどうぞ!
カテゴリー:釣果報告

それでは!



スポンサーリンク