【野池おかっぱり】ベビーギロンの使い方が多種多様!

スポンサーリンク

2017.10/02(月)
6:30~11:30
釣果5匹

どうも、うめだ(@umesooooo)です。

和歌山釣行3日目!

人生で初めて50upを釣った野池へ出向きました!

超減水!1周回れるぐらいに・・・。
これまた超ハイプレッシャー。

釣果

野池はこんな感じです。
写真に写っているのは小学校からの幼馴染です!

えげつないほどの大減水でしょう?笑

5m近くは減水してました。

僕が高校生の頃、もうちょっと水位があった頃にTN65で55くらいのをかけてバラしたはかない記憶が蘇ります・・・笑

とりあえずラバージグで底を取りましたが、激アサでした。

シャローのライトカバーから探りを入れていきました。

頑張れ三原虫君は今日も好調!とりあえず1本は釣れてきてくれます笑

かわいいサイズですが嬉しいですね~。

その後、新しく購入したジャッカルのベビーギロン君を初投入!

この池のメインベイトは確実にギルなんです。
完全にマッチ・ザ・ベイト狙いで巻いてみたところ・・

1投目でいきなりひったくられた~!!

しかし痛恨のバラシ!

まあまあのサイズだっただけに勿体無い・・。

その後、もう1投投げるとまさかの連続ヒット!

サイズは可愛いですが、出方は激しかったので良し!

あまりこういう巻き物は今までやってこなかったので、楽しめました!

その後もう1本同じサイズを追加!(写真はありません)

場所を変えて、池の最奥にあるちょこっとだけ生えている蓮エリアへ。
友達のタックルを強奪・・じゃない、借りてドライブクロー4インチを1投!

すると一撃でバイト!(写真取り忘れました)

一番いいサイズでした。
アタリはなくて、ラインが走ったので遅アワセでバシっと!

その後はスモラバで底を這わせて1本、という釣行でした。
友達はスモラバ、カットテールで豆バスを6本という結果でした。

散々土日で打たれきってたイメージでしたがなんとか釣れました。

ただ、デカバスにはめぐり合えず。

友達がモンスタージャックを投げると50upのバスがチェイスしてきてたのでいるにはいるみたいです。
ですが、こんな減水状態で釣るのは至難の業ですね。

リアクション狙いでTN65のギルカラーを巻いてみたり、クロキンのスピナベを巻いてみたり、ラバージグでスローにボトムパンピングさせてみたり色々やりましたが報われず!

ただ、今回は1つかなりの収穫が。

ベビーギロン君ですね!また1つ良いルアーを見つけてしまいました。
琵琶湖で武器になるんじゃないか説。

ただ今回は強引にスピニングで投げましたが、琵琶湖で使うならMLのベイトを使わなければいけないかもしれないです。専用タックルになってしまいますな笑

ジャークさせたときに反応があるバスと、スローにただ巻きで反応があるバスがいたのも面白かったです。いろんな使い方ができそうですね。

メインベイトがギルのフィールドで是非投げてみてください!

ちなみに、その他のマッチ・ザ・ベイトのコツは秦拓馬プロの記事をチェックしてみてください!

その他の釣果報告レポートはこちらからどうぞ!
カテゴリー:釣果報告

それでは!



スポンサーリンク