【琵琶湖おかっぱり】熱戦!超激戦!台風一過のダブル50アップ!part.1

スポンサーリンク

2017.9/18(月)
6:00~12:00
釣果5匹(52,49,42cm)

どうも、うめだ(@umesooooo)です。

台風一過の翌日の琵琶湖オカッパリの釣果報告です。

やはり、釣れます。

今回すごいドラマがありました。

まずはいつもお馴染みの吉浦兄貴の釣果からどうぞ!

釣果

とりあえず流れ込みをチェックしたいので石山駅からスタート。

流れ込みの状態はそんなに良くありませんでした。
増水してはいるものの、水位が足りずにポイントとして機能していない状況です。

ですが、その手前のウィードポケット地帯はかなり良い調子でした!
ライズがあったり、水もきちんと流れているので水質もクリア。

そこで二人でトップを巻いていたのですが、吉浦兄貴のアベンタにヒット!

レギュラーサイズの35cm
アベンタ初フィッシュだったみたいです!御めでたし!!

その後膳所港へ北上していきます。

途中の流れ込みは凄い感じでした。

そこでまたもや吉浦兄貴にレギュラーサイズがヒット!

35cm!


デプスのスパイニークロー4.8インチのジカリグ5g!

流れ込み付近のカバー撃ち。
定番のパターンですね~。

ちなみに吉浦兄貴が使っているスパイニークローはずっとクリアローズペッパーです!

その後、小さな流れ込みを丁寧に打つ吉浦兄貴。
石山~膳所の流れ込みは確実にチェックした方がいいみたいです。

いたら食うしいなかったら食わない。ジカリグでのシンプルな釣りですね。

すると・・・いました。

おなじくスパイニークローのジカリグで49cm!!

台風一過で本湖は濁りが酷かったのでバスも流れ込みに避難しているみたいですね。
いつもは反応のない流れ込みにバッチリ入ってました!

一投で一撃!さすがです。

これで僕は50upを釣らないと勝てないというハードな戦いに・・・。

その後、膳所港に到着。

相変わらず釣り人はたくさんいますが、誰も釣れてないみたいです。

吉浦兄貴はいつものカバーをいつもより丁寧に探ってました。

すると・・

42cm!

おなじぐジカリグです。

この時期はラバージグよりジカリグだという吉浦兄貴。

この人のジカリグのアクションは普通の人と違ってまして、どちらかというと海釣りでしゃくりあげるような感じです。また解説記事をアップしてもらいますね~!

他にもカバー撃ちしている人はたくさんいましたが、小さいワームでネチネチやってる人ばかり。

「それじゃあダメなんだよな~」と吉浦兄貴(笑)

言葉に説得力がありますな。

そしてその後は水路巡りへ。

台風一過で本湖が荒れまくっているのに本湖に向けていつものようにルアー投げている人がいましたが、それは余りにも非効率なので止めた方がいいです!

いつもは回らない水路も念入りにチェックしてみようとのことでチェック開始。

うめだが見えバスの群れを発見!
スモラバサイトでアプローチするもあと一歩のところでバイトにいたらず・・・

しかもその後見えバスに見つかってしまい、プレッシャーをダダ上げしてしまいました(笑)

まあもう無理だな~と思っていたのですが、何故か吉浦兄貴はアベンタで見えバスにチャレンジ。

さすがに視覚でプレッシャーがかかっているバスはもう無理でしょ~と思っていたら・・・

ドコン!!!!!

え!?食った!?!?うっそだろ!!?!?

52cm!

まさかのアベンタサイトで一撃かましました!

これで今シーズン50upは9本目(Max58cm)!化物め!!

これで1つ分かった事があります。

フィネスサイトで攻めてダメだったとしてもパワーサイトなら食ってくる可能性がある。

貴重なデータを得る事ができました!これでさらに釣りの幅が広がりますね!

こんな感じで吉浦兄貴は良い感じに釣りまくってました。

part.2はうめだの釣果報告レポートになります。

そこにはドラマが待っていた。

その他の釣果報告レポートはこちらからどうぞ!
カテゴリー:釣果報告

それでは!

おすすめ記事

【バス釣り】食わせとリアクションを使い分ける!秋のハイプレッシャー攻略法@五三川【トランポ水野】

【バス釣り】秋は広範囲にバスが散るから巻きモノはウソ!ハイプレッシャー攻略法@五三川【秦拓馬/俺達。】

【バス釣り】サイトフィッシングでデカバスを釣るコツ【イマカツ】



スポンサーリンク