【琵琶湖おかっぱり】リアクションと食わせのパターン分け!

スポンサーリンク

2017.9/15(金)
6:00~12:00
釣果4匹

どうも、うめだ(@umesooooo)です。

相変わらずのタフコンディションですが琵琶湖オカッパリに行ってまいりました。

水の状態が悪い時はリアクションで釣るか、マッチ・ザ・ベイトで確実に合わせにいくか。
このどちらかがキモになりますね。

それでもサイズを伸ばすことができませんでした・・・難しいです。

会う人会う人誰も釣れてなかったので厳しいみたいですねえ。

釣果

朝イチは石山駅からスタート。

活性は低いと踏んでましたが、意外と高かったです!
ボイルにライズでバシャバッシャなってました。

チャビーポッパー君を通してみましたが、ミスバイトの嵐・・・。
サイズが小さいのか食いっ気がないのか。

デカいのも跳ねてましたけど食わせられなかったですね~。

そのまま北上し、膳所港へ。この時既に時間は8時半を回っていました。
朝イチ膳所港スタートの方が良かったかもしれないですね。

とりあえずマッチ・ザ・ベイトで食いっ気のあるバスを狙いたかったのでアンクルゴビーの鮎カラーを選択。
石山から北上するときに鮎を見かけたんですが、サイズもぴったりでした。

いつもバスがついているお気に入りポイントに一投。
すると一投でヒット!

とりあえず正解だったかな。
ジグヘッドで中層巻き。前に50upを釣ったパターンと一緒ですね。

その後はアンクルゴビーの反応が悪くなったので、リアクションの釣りにチェンジ。

先日紹介したトラウトスピナーをチョイス。

いつもの筋を通しているとカーブフォールでヒット!

ちっこいですけど一撃でした。タフコンディションのスピナーは良いですな!

その後、もう1つの筋でも1本。
こいつは食った瞬間ウィードに潜ったので一瞬50upでも食ったんじゃないかという引きの強さでした(笑)
まあサイズアップということで。

膳所港をひとしきり探った後はいつもの水路へ。

減水傾向ですが、水はジンクリア。
底まで丸見えでした。

沈没船の周りに見えバス発見!
サイトで狙ってみます。

吉浦兄貴に貰ったスイスイケムケムの出番が来た!!
スイスイケムケムは普通のケムケムと違ってフォールスピードを抑えて、中層でかなりアピールできるルアーです。

中層で魅せて底で食わせるイメージですね。

トレーラーはシザーコーム2.5インチ。

ちょっとだるそうな魚には効きます。

というわけでだるそうなバスを発見したので狙ってみると・・・

スモラバサイト、一撃!

サイズアップはしましたがもう一声欲しかった・・。

その後、居ないやろうな~と思って覗き込んだところに50upがいて一瞬で気付かれてさようなら・・・でした。

見えてなくともとりあえずルアー落としとけって話ですよね(笑)

まあでも食わせとリアクションの釣り、両方でなんとか釣れたって感じでした。
明らかにタフになってます。

台風一過で状況が良くなればいいですけどね。

その他の釣果報告レポートはこちらからどうぞ!
カテゴリー:釣果報告

それでは!



スポンサーリンク